カテゴリ:Food & Drink( 143 )

b0069720_1718398.jpg


今日のお昼は,自宅から車で5分ほど行ったところのインド料理専門店でランチ.ランチの時はこのナンが食べ放題.とはいっても,結構大きな量なので,一枚でも十分おなかがふくれます.

おそらく,日本人好みの味に変えているんだろうとは思いますが,町中のちょっと高級なインド料理屋さんよりも遙かに美味しいんです.

休日のおなかを満たしてきました.
毎日,暑さや仕事で疲れきって帰ってきたとき,
何に癒されるって,冷えた夏野菜.

トマトにキュウリ,スイカに桃などのフルーツも
また,元気をもらえる食べ物です.

しかしながら,近頃は店で売っているトマトでも
かなり甘いものが出回っていますねぇ.
昔はトマトというと,すっぱいものが置いてあって,
これを熟させてから食べるというのが普通だったのですが,
最近では,はじめから完熟状態のトマトがおいてあったりします.

これを,しっかりと冷やして塩をかけて丸かぶり.

これほど,疲れが取れるようなおいしい食べ方はありません.
癒しですよ.

キュウリも浅漬けにしたものは,落ちた食欲を刺激してくれて
食欲が増してきます.

夏は,どうしても塩分が不足しがちなんだと思います.
ちょっとした塩気がおいしさを増している様に感じるのかもしれません.

野菜をシンプルに食すだけかもしれませんが,
これが健康を維持するためのエッセンスになっていると思います.
倉敷で連れて行ってもらったお店がここ.

b0069720_23154082.jpg


みそかつ 梅の木 さん.

たまたまお店に入ったタイミングは,誰もお客さんがいない状態だったんだけれども,5分もしないうちにあっという間に行列が.あまりのお客さんの多さにびっくり.

ここの名物が,このみそかつ.

b0069720_23153461.jpg


「カツ」という名がついているけど,普通のカツという感じがしません.
衣はものすごく細かく,しかも食感はすごく柔らかい.
肉汁と味噌のたれとの相性が抜群においしい.
胃の調子を壊していなくて,ビールが飲めたならば,
間違いなくおいしい組み合わせになる一品です.
材料
キャベツ 小1個
鶏肉(もも肉)一口大の切り身 300g
ホールトマト缶 1缶
チキンブイヨンの素 2つ
野菜ジュース(キャロット主体のもの) 100cc
塩・こしょう 適宣
ニンニク 一欠片
ウスターソース 大さじ3

作り方
1.キャベツを芯を中心に扇形に8等分くらいに切り,芯を最後に落とす
2,無水鍋にキャベツをまんべんなく並べ,その上にその他の材料をすべて入れる.
3.フタをし,強火でフタがコトコト動き出すまで加熱する.
4.フタがコトコトと音を出し,上記がフタとの隙間から出始めたら火加減を弱火にし,5分ほど加熱.
5.味を調えるために塩,こしょう,ウスターソースを入れ,フタをしてさらに煮込む.
6.鶏肉まで味がしみこんだらできあがり.

僕がつくる料理は,基本的に手抜き料理だと思います.
お米を炊飯器に仕掛けてスイッチを押してから,ちょうど炊きあがり蒸らしも終わった段階におかずの調理がちょうど終わるような形のものばかりしかつくりません.この料理も例外ではなく炊飯器のスイッチを押してからキャベツを切り始め,という感じでつくれるものです.時間にすると20〜30分くらい.
手抜きではありますが,滋味あふれ,とてもおいしく仕上がりました.お試しあれ.
ここのところ,毎日夕食の時に梅干しを1つ食べることにしています.
梅干しは,きっちりとした製法の梅干し.
きっちりとした製法というのは,食品添加物が全く入っていない,梅と塩だけのもの.当然ながら腐らないように塩分を高めないと行けないので,塩分濃度は20%というしょっぱさになりますが.

この梅干しのおいしいことといったら,本当にほかの梅干しが全く食べられなくなります.特に,人工甘味料が入っているタイプの梅干しなど,本当にまずくて口に出来ないくらいです.

で,この梅干しを食べ始めてから身体に変化が.夕食の時に梅干し一つを食べると,次の日にしっかりと疲れがリセットされているんです.これが不思議なくらい.ここのところ体調が悪かったので,強い酸性のものは胃につらそうに思うのですが,あんまり梅干しは胃に堪えません.

ここのところ身体の疲れがリセットされるのは,食事に気をつけ始めたことがやっぱり大きいのかなぁと思います.忙しさにかまけて時間を稼ぎたいのと楽もしたいので,外食が多かったり,添加物たっぷりのコンビニ弁当で済ませてしまったりということがやっぱり体調に大きなダメージを与えていたのかなぁと思います.

良い感じで体調も戻りつつあるので,この調子で一気に全快というところまで行きたいと思います.
だいぶ前になりますが,NHKのためしてガッテンという番組で,酒粕について紹介されていました.また,つい先々週でしたか,民放の世界一受けたい授業という番組でも,酒粕が取り上げられておりました.この二つと,健康面への配慮と言うことで,最近酒粕を料理の中に入れることが多くなりました.

この間はカレーに酒粕を入れて煮込んでみました.甘みとこくがまして,大変おいしかったんです.こんなにおいしくなるのなら,もっと早くから入れておけば良かったと思うくらいおいしかったんです.それから,インスタントラーメンを作るときにも酒粕を入れるんです.基本的に購入することの多い袋入りインスタントラーメンは,生協の塩ラーメンをだいたいチョイスするのですが,これを作るときに最初に適量酒粕を入れるんです.そうすると,だしに深みが出て,これまた美味.

ちょっとした工夫なのかもしれませんが,おいしさアップするのなら,こんなに性質の良い調味具材はないかなぁと思います.人に必要な必須アミノ酸がすべて含まれているという事からもわかるとおり,日本人にはなくてはならない存在なんだろうなぁと思います.
b0069720_2146691.jpg



奥さんからもらったバレンタインチョコレート。お取り寄せして買ってもらった生チョコ。とってもお洒落な雰囲気がある包み紙で、味も美味しく幸せな気分に。
ありがとうの気持ちでいっぱいです。
b0069720_1441193.jpg



行きつけのスタバで期間限定のアールグレイロールを食べています。
b0069720_1234147.jpg



今日、たまたま出掛けたショッピングモールで出ていた、幻のスイーツとか何とかで、列が出来ていたので、並んで買ってみたんです。焼き物の中に生クリームが入っているような写真になっていますが、中身はプリン。雑誌やテレビで紹介を結構されている所みたいです。味はそれこそ、美味しさの基準は人それぞれだろうなぁと思うので一概には言えないのですが、値段の割にはという感じは正直しました。こういうものって、フェアーで出店をしているものよりも、実際に現地の本店で買って食べた方が美味しかったりする事が多いので、即評価が固まるとは思いませんが、次も食べてみたいと思わせないとなかなか難しいのではと思いました。
b0069720_195194.jpg



いつも通勤で乗り降りする駅のそばにあるケーキ屋のシフォンケーキ。長い事、この駅を使ってきていて、こんなに美味しいケーキ屋が有るなんて知らずにいました。駅を降りたらスタバかミスドというかんじだったので、新しい発見で嬉しいです。