カテゴリ:・・・が好き( 21 )

とても,自分でも驚きなんですが,
前川清さんが歌う「そして,神戸」が大好きなんです.

ちょうど神戸で震災があった年の紅白歌合戦.

この歌の巡り合わせというか,歌の力を感じさせる
そして前川清さんの熱唱と相まって,
それ以来,大好きになりました.

こういう曲が好きになると言うことは,
やっぱり昭和人間なんですかねぇ.

いかにも,という感じのムード歌謡なんですが,
パワフルさが何とも言えません.

また,どこかで歌ってくれないかなぁ・・・
 もう何年前のテレビになるでしょうか.TBS系列で大橋巨泉さんが司会をしていたクイズダービー,結構好きで見ていました.「はらたいらさんに三千点」とか,「倍率ドン!!さらに倍!!」とか,「三択の女王,竹下けい子さん」とか,何だかおきまりのようで見所一杯の30分クイズ番組だったように思います.

 最近になって,ユーチューブなるもので動画を見るようになったのですが(というか,iBookG4では動画の再生がどうもハード的に辛いので,余り見なかったのを無理矢理見ている状態),昔のテレビ番組など結構あるんですよね.たとえば,今は無きマニアックなクイズ番組でいうと,「タイムショック」「三枝の国盗りゲーム」や「世界一周すごろくゲーム」,「アップダウンクイズ」「クイズヒントでピンと」「クイズ世界はshow byしょうばい」「ひらめきパスワード」「マジカル頭脳パワー」「年の差なんて」・・・・.もういくらでも出てきます.

 これらの番組は今見ても本当に面白いんですよね.

 なぜに,こんなに面白かったのかなぁと思うのですが,こういった番組が忌まないのは,今テレビを見る人の中心世代には面白く感じないからなんでしょうか.どこかのテレビ局が,昔ながらのこういった番組をずっと作り続けてくれても良いのではないかなぁとも思ったりします.

 しかしながら,こういったクイズ番組には,名物司会者がいたんですよね.そういったキャラクター感のある司会者って,減ってしまっているから今更昔のものをつくろうと思っても難しいですね.
Excite エキサイト : 経済ニュース

 このトラックバック記事を読むと,メディアで餃子の王将が紹介され続けている現象が続いていることがわかります.テレビのコマーシャルも流れてはいますが,ゴールデンタイムで流れているというのを見たことがありません.どちらかというと昼間の時間帯に流れていて,それが王将のイメージアップにつながっているかというと,効果があるのかないのかわからないようなそんな印象もあります.ただ,コマーシャル自体は,「餃子一日三万個・・・」というフレーズが秀逸で,覚えていますモンね.そういうところを考えると,浸透具合では凄く広く知れ渡っていることになるとは思いますが.

 それにしても,これだけ餃子の王将ネタがいつまでも続くのは,やっぱり餃子の王将自体が美味しいからでしょう.僕は1週間に一度とはいわずとも,必ず2週間の間に1度は行っていますから.餃子も美味しい,唐揚げも美味しい,春巻きも美味しい,そういうお店(ただし店により差はあるが)だと思います.美味しいからこそ,話題になるのですよ.

 また,こういう記事を見ていると食べたくなります.

b0069720_186287.jpg

まだまだ完全に梅雨明けしていない空なので、雲が多い空です。
でも、色々な色や形の雲があるので空を眺めるのが楽しく感じます。
いやはや,寒さが身にしみる季節になろうとしていますね.
こういう時期になってきますと,自然と鍋物が恋しくなります.

ちょっと贅沢をしたい時など,おでんを作って食べるのが楽しみです.
最近はコンビニなどでも手軽に購入することが出来るのですが,
好みの味のものを食べたい時には,やはり自分で作るのが一番.

カツオと昆布でだしを取り,みりんと醤油で味を調え
そこに大根,こんにゃく,ちくわ,ごぼ天,スジ,たこ,玉子,ジャガイモ,餅巾着など
煮込んでいきます.

昔はくじらのコロなども,おでんの定番だったのですが,今や高級食材ですね.
ビール,日本酒,ウィスキー,焼酎どれでも合うのがおでんの魅力です.
いっぱいやりながらのおでん.たまりません.
僕は「文字」が大好きです.
活字やフォント,書で表される文字も含めて.

小学生時代,学級新聞を書く係になって,
その時に新聞の文字に似せようと字を書いたのですが,
これがまったく見栄えの悪いものになってしまいました.

「どうやったら文字をきれいに書くことが出来るのか?」
それが,とても疑問だったんです.

中学生にあがったときに,美術の授業でレタリングがあって,
そこで明朝体やゴシック体という文字の書き方を勉強しました.

「こうすれば文字がきれいに見えるのか」

ということを知り,感動した覚えがあります.

小学生から始めた書道も大学生まで続けました.
書道では色々な美しい文字に触れることが出来ました.
筆と墨で表現する,シンプルなものですが,
これが芸術になるんですよね.

今は,パソコンの中にあるフォントを上手く使うことによって,
文章の文字をきれいに見せることが出来ます.
文字フェチにとっては,これはすごく嬉しいことです.
ただし,文字のバランスが余りきれいでない活字などがあると
文章を読んでいても,そこで突っかかる感じになってしまいます.

自分の書く文字が余りきれいではないことから,
一生懸命練習したのを覚えています.
ノートに書く文字もどうしたら見やすく書くことが出来るか,
色々試してみたりしました.
中学生の時のノートを見てみると,本当に字が汚くて,
読めたものではないんですから.

今日,本屋へ行った時,レタリングを追求している人の特集を組んだ雑誌が
置いてあるのを見て,思わず手にとって中身を熟読してしまいました.
そうやって,文字に引き込まれる何かというのを感じる人が
多くいるんですね.

文字というのは本当に奥が深いものだとつくづく感じます.
b0069720_23383760.jpg


昔から柿の種が大好きでした.
最近,百均で丁度良いガラスのビンを見つけたので購入し,
その中に柿ピーを入れました.

こういう状態で置いておくとどんどん手が伸びて,あっという間に中身が
どんどん減っていき,空になっていきます.

また買ってきて,足さなければ.

安い柿ピーを購入すると,ピーナツの量が半分以上で
肝心要の柿の種が少なかったりするんですよね.
割合的に丁度良く感じるのは,やっぱり亀田の柿の種の分量でしょうか.

いろいろと柿の種の食べ比べもしてみたいところです.
結構メーカーによって違いなどがあり,面白く感じます.
こういう事に詳しい人っていそうですね.
コシナのカールツァイスFマウントレンズ.
ニコンの銀塩一眼レフカメラは極端に安いか極端に高いかの両極端で残るということ.
FM10は既に所有しているが,レンズの持ち合わせは余り無いので,
このツァイスのレンズはとても気になります.
値段が高いので気にはなりますが,購入は出来ません.
中古カメラやさんで手頃なレンズを探してみようと思いますが,
ニコンが製造中止を発表してからはおそらく値段が上がっているんだろうな.

カシオの携帯電話,「W41C WIN」
カシオの携帯電話を僕も嫁さんも使っていますが,これまで色々なメーカーの
携帯電話の中では,かなりお気に入りのものになっています.
つくりの良さや操作性の良さ,そして賢さやデジカメの性能なども含めて
トータルバランスがとれているような気がします.
今度の機種は,携帯電話で今受けることの出来るサービスがフル装備.
これだけのものを使いこなせるかどうかは別として,すごく気になるものです.

ファイルメーカープロ バージョン8
ファイルメーカーはデータベースソフトなのですが,これの便利さに驚いて
自分でも購入して使っています.
使っているバージョンは7.
先月8にバージョンアップしましたが,7をまだ使いこなし切れていないうちに
バージョンがあがってしまいました.
バージョンアップしようかしまいか考え中なのです.
今の利用状況を考えると,別にバージョンアップしなくても良いかなと思います.
b0069720_23505273.jpg
昔からキャンディーの中で,この明治チェルシーが一番好きでした.
色々な味があるのですが,スカッチヨーグルト味が一番好きです.
あの緑色のパッケージのものです.
独特のヨーグルトの感じがするのですが,これが何ともいえません.

最近久々にどうしても食べたくなったので,スーパーで購入しました.
昔ながらの味が今でも生きていて,とても嬉しくなりました.
キャンディー類ではこれは定番なのでしょうが,小さい頃は高級品という
イメージを持っていた記憶があります.
どこか遠いところへお出かけをする時にだけ買ってくれるキャンディー.
そういう感じの飴だったと思います.

長いこと売っているだけに,パッケージのデザインも秀逸ですね.
この花びらの感じが,これも昔から好きなんです.
シンプルなようで,結構複雑な模様のような気もします.
小さい頃のすり込みになっている感じがあります.
しかし,このパッケージを見るとホッとする部分もあったりして
そういった感覚が,この飴の甘さと相まってとてもほんわかとしたりします.
ようやく時間が少し出来たおかげで,パソコンの前に長時間座ることが出来ています.
で,久々にネットにつないでいつも読ませて頂いているブログや
気になるサイトを一通りチェックしていっています.
面白くて時間が経つのがあっという間という感じなのですが,
最近ブログと共にネットにつなげて時間があれば必ず接続してチェックするのがあるのです.

それは,大好きな劇団のキャラメルボックスが公開しているポッドキャスト
このブログでも何度も書き込んでいるのですが,ここの製作総指揮の加藤昌史さんが
丁度「クロノス」の神戸公演が始まったあたりから,ラジオのような形で
公開しているんですね.
これが,とても面白いんです.

キャラメルボックスという劇団は,劇団のホームページなどで色々な情報を
どんどん流してくれていて,ファンとしては公演後とではなく公演と公演の間でも
色々な情報を目にすることが出来るのですが,
ポッドキャストはそれのラジオ版みたいなものでしょうか.
この数週間の間に膨大な時間分の情報が流れています.

インターネットの魅力は,色々な情報に接することが出来るということではないでしょうか.
調べたいと思った時,ネットの世界には色々な情報があり,さらにはその情報に接した
人たちの感想まで最近はブログでたくさんでていることが普通になりました.
情報の送り手側の思いと,情報の受け取り側の感じたことを両方見ることが出来る訳です.
時間差ではあるのですが,双方向への発信受信ということが出来る事が
大きな魅力になっていると思います.
ブログが流行るのもそういう部分が一部心理的に働いているのではとも思います.

一時期,自分のホームページを作成してみたこともありましたが,なかなかどうしてこれが大変な手間と時間がかかるんですよね.だからあっという間に挫折しました.
職場でも職場のホームページを公開しようということになり,一時期その管理をしたことがあるのですが,これが本来の業務時間が無くなるくらい時間がかかったのを覚えています.
(これは技術が熟練していなかったからかもしれないという部分が,今になって冷静に考えてみると多々あるのですが・・・)
ネット上で色々なことをするのには膨大なエネルギーと時間,そして何よりも内容が絶対不可欠なんだと思います.

しかしながらキャラメルボックスはその部分に力を注ぎ,サポーターをとても大切にしている所があります.そのあたり,とてもすごく上手だと思います.
最近は,全然内容が更新されないサイトも多くなってきている中で,これだけのことをしてくれているところというのが残っていきそうな気がします.(なんだか難しい話になってしまったなぁ・・・)

wwwという所は,世界中の情報の大きなデータベースとして
ものすごい機能をしているのを実感してしまった今日この頃でした.

<参考リンク>キャラメルボックスチケットインフォメーション
      ・・・ここでキャラメルボックスのポッドキャストを聴く方法がでています.