この胸いっぱいの愛を:梶尾真治−小学館文庫

この胸いっぱいの愛を
梶尾 真治 / 小学館
スコア選択: ★★★




「この胸いっぱいの愛を」を読了しました.
この本は,梶尾真治さんが書いた本「クロノス・ジョウンターの伝説」を元に
映画化された「この胸いっぱいの愛を」を,原作者自身がノベライズしたものです.

梶尾真治さん自身はハッピーエンドが好きみたいな感じですね.
なぜなら,この本でもハッピーエンドになっています.
さらには,映画では消えてしまっていたクロノス・ジョウンターが登場しています.
梶尾さん自身,映画のストーリーに不満でもあったのでしょうか?
意地でもクロノス・ジョウンターを出そうという感じで,無理矢理登場させたという感じは
否定できない部分もありますが,しかしストーリーとしては厚みのあるものになっていました.

登場人物も映画の中の登場人物と同じ名前になっています.
ですので,映画を見た人ならばその登場人物が頭の中で動き出す感覚が
やってくるのではないでしょうか.
しかしながら,元の原作を読んでからだと同じ名前の人が,
全然違う設定で登場していて,かなり読んでいて混乱する部分もあったりしました.

単純にストーリーだけをおっていくと,映画の設定にとらわれていた部分も多いため,
梶尾さんらしさがスポイルされているかなと感じさせる部分が多々あったような気がします.
ですが,この小説の持っているものは替わりありません.

小説と映画の終わり方でどちらが好みか,と聞かれたとしたら,
ぼくは,小説の方が幸せな感じがして好きです.
映画のラストシーンはやっぱり納得のいくものではなかったし,
少しこの小説を読んで報われたような気がします.
しかし,やっぱりこの小説に関していうと,原作の方がかなり良いと思います.
ですので,結構書評に関して☆を甘めに付けていたのですが,
今回は3つという事にしておきます.
[PR]