iCalにチャレンジ(その1)

 先日からMacでのスケジュール管理にチャレンジしている私めでありますが,色々とさわっていると「ああしたい,こうしたい,あれはできないのか,これはどうすればよいのか」というような欲求が出てきます.それを少しずつ改善することが出来ればと思い,色々いじっています.

 まず,祝祭日を表示させるにはどうすればよいか.
 カレンダー上で祝祭日があるとなしとでは,便利性がこんなにも違うものかということを,iCalを使い出して痛感しました.生活のリズムをつかむのに,またスケジュールを調整するのに土日祝祭日は結構重要なんだということに気付かされた次第です.
 たとえば,今度のシルバーウィークといわれる5連休.あらかじめこの期間の休日に遠出することを決めていたのです.しかし,iCal上では平日に予定が組まれている状態になってしまい,どうも気持ちが悪い.そういえば,Macを使っている人がiCalで休日を設定することが出来るということを聞いたことがあるぞと思い,色々といじっていると出来ました.

 方法は,メニューの中にある「カレンダー」から「共有カレンダーを検索」を選ぶと,ブラウザーが立ち上がりAppleのiCalサポートページにたどり着くわけです.そこで,日本の休日というところをクリックすると,インポートされるということになるわけです.
 しかしながら,ここで一つ失敗をしてしまいました.インポートするファイル形式が「webcal」という形式なんですが,これを開くのにiCalではないソフトが立ち上がり,上手くインポートできなかったんです.原因はブラウザにFirefoxを利用しており,プラグインにある「30Boxを利用する」を選んだがために,上手く行かなかったんです.解決方法としては,「webcal」ファイルへのリンクをコピーし,iCalメニューの「カレンダー」→「照会」とすすみ,入力欄にリンクを貼り付けるという方法をとったところ,すんなりとインポートすることが出来ました.

 ところで,いつまでもFirefoxじょうで「webcal」形式のファイルを開いていても仕方がないので,どうすればすんなりとiCal上で開くことが出来るかを考えていたんですが,答えは簡単でした.
 Firefoxの「環境設定」から「アプリケーション」タブを開き,「webcal」形式に対しての「取り扱い方法」を変えることで,設定を変更することが出来ることがわかりました.

 ネット上に色々とiCalに取り入れることの出来るカレンダーがあるみたいなので,色々と導入してみたいなと思っています.
[PR]
by ryuma75 | 2009-09-12 10:33 | Mac & PC