たまにはニッカでも

b0069720_21563375.jpg 最近,泊まりがけで出張に出かけるとき,宿舎でほっと一息をつくのに手軽に手に入るブラックニッカを飲むことがあります.ホッとしたいときにウイスキーはもってこいのお酒ではありますが,仕事で疲れ切っているときなどはこういった安いウイスキーは助かります.サントリーのこのクラスのウイスキーは水割りやロックで飲もうとするとアルコール臭がきつくて,余り飲めたものではないように感じてしまうのですが,ニッカはスッキリとしていて飲みやすい感じがあって丁度良いんです.

 ウイスキーが好きになったのは,元々は蒸留所へと出かけるようになったから.そこで味わったウイスキーの風味は本当に身も心も癒すものでした.それ以来,ホッとしたいときに飲むお酒はひたすらウイスキーに.ビールもとても美味しく飲むのですが,「癒し」のレベルには達していません.

 仕事で疲れ果て,しかしながらまだ体や心は荒波の状態の時,ウイスキーをそっと口に運ぶことで,すーっと波が落ち着いていく感じ.本当にこれがたまらなく好きなんです.元々お酒は弱い方なので,多く飲むわけではありません.落ち着くことが出来ればそれでよし.良い状態にウイスキーを味わうことが出来れば心地よい眠りに入れます.

 個性的なウイスキーも好きですが,あまりに疲れ果てて,そこから解放されたい・落ち着きたいと感じる時にはその独特の個性(癖)が受け付けられず合わなかったりするんです.だから癖のないブラックニッカなどは,もってこいのチョイスになるわけです.

安いながらも良質のウイスキーを味わうことの良さは,「癒し」をもたらす自然の優しさにあるように感じます.特に日本のウイスキーはその特性が大きいようにも思います.
[PR]