机周りを整理してスキャンスナップを置いたついでに,音楽環境も少し整えました.

 これまでマックのiTuneに入れている楽曲を聴くのに,昔から使っていたソニーのCDラジカセにMacからライン入力して聴いていました.

 このCDラジカセ,ぼちぼち購入してから14年ほど経ちますが,まだまだいい音を鳴らしてくれるので気に入っているんです.最近のラジカセは電気屋さんで視聴してみても,もう一つデザインもよくなければ,音もよくないものが多くて全然つまらない感じがありますが,この機種はさすがバブル末期とはいえ,デザインもよければ音も良いんです.当然ながら,「CDラジカセ」というからには,カセットデッキもダブル.ちょうどMDが出だしの頃だったので,光出力端子がついているところが当時の最先端という感じがします.この光出力端子を使ってMDウォークマンにつなぎダビングしたりということもよくやりました.

 いい音で鳴るので,Macについているスピーカーで音楽を聴くよりはましと思い,ヘッドフォン端子からライン出力したものをラジカセにライン入力していたんです.ただし,やっぱりコンピュータのノイズがそれなりの雑音になって入ったりするんですよね.

 そこで,考えました.以前の職場からお下がりでもらったオーディオキャプチャ.EDIROLのUA-FX3という機種を間に挟んでラジカセにつないでみたところ,とっても透き通った音になりびっくり.USBからデジタル信号そのままに出て行くので,コンピュータのノイズが遮断されるんですねぇ.雑誌などにそういった機材をつなげば音がよくなるという話はたくさん出て知っていたのですが,こんなに効果があるものとは.
 古い機材ではあり,ちょっと大きさも大きいですが,これは使えます.

b0069720_12263142.jpg


 透き通った音になったラジカセとの組み合わせは,机周りの環境をさらによくしてくれます.(このままだと,引きこもり道まっしぐらという感じもしなくはありませんが・・・)
[PR]
by ryuma75 | 2011-05-15 12:41 | Mono