この間,無印良品へ久々に出向きました.無印へいくとなんだか商品のシンプルさにいつも癒される感じがします.飾りっ気がないのが良いというか何というか.

いつも通り文具コーナーを見ていますと,こういう商品を見つけました.

b0069720_22263258.jpg


この商品,どう見てもコクヨが出している測量野帳のスケッチブックと同じなんです.中身を比べてみると表紙の色が違うだけで,作りから何から何まで同じ.これまで,ちょっと大きな文房具店か,仕事場に出入りしている文房具を取り扱っている卸業者に無理言って購入していたんですけれども,これから野帖は無印にいけば手に入るようになったわけです.とはいっても,無印の商品は廃盤になることが多いので,気に入ったものは見つけたときにまとめ買いしなければ行けませんが.
とはいっても,コクヨの方が廃盤になることはないでしょうけどね.
[PR]
 この一週間は,本当にストレスのかかることばかり.

 疲れを癒すために,読書と睡眠をひたすら繰り返していました.
 今は平行して5冊くらいの本を読んでいます.
 分野は,趣味的なもの,時事もの,小説,科学もの,コンピュータものとばらばら.それに加えて,雑誌もいろいろと読んでいるので,本当にあれもこれもという感じです.

 いろいろな種類の本を読んでいると,昔はあまり整理できなかったですが,最近はかえって気持ちの切り替えに有効だというのがわかり,平行して読むことが多くなったかな.読書に求めるものは,ここ最近変化しているかもしれません.というか,日々自分自身の気持ちが変わることで,行動も変わってくることは当たり前と言えば当たり前な訳で,これまでの自分とは違った感じなのかもしれません.

 読書で得られる感慨というか心の中の変化は,身の回りに起こっているその時々の事柄で全然違うものになってきます.それこそ,今は仕事などで日々大きなストレスを感じている場合が多いので,一つ文章を読んでもすぐに「現実にどう活かしていけば良いのだろうか?」みたいな感じのことを思考してしまいます.純粋に文章を読むのではなく,毎日を生きるヒントを自然と求めている感じ.それこそ生きるヒントはそこら辺にたくさんあるわけで,これをどのように整理してアウトプットするか,今の自分の課題です.

 今週は,明日の日曜日からまた仕事.1週間があっという間に終えることができるよう,充実した時間を過ごしたいなぁと思います.
[PR]
1月からずっと突っ走ってきて,ようやく土日と二日続けての休みを取ることができています.
うーん,働き過ぎだぁ.

特に先週一週間は,本当にイヤなことばかりが起きてしまい,
精神的にもかなりきつい日が続いてはいましたが,
この二日でかなり気持ちも晴れてきています.

久々の休日なので,ゆっくりと睡眠をとり,たまっていた家事などをこなし,
ネギを植えているプランターを整理し,積極的に動き回って,
パソコンの前でようやく一息という感じです.
休みの日を充実させることで,いやな気持ちが晴れていくのは清々しいですね.

まだまだ,家の中の片付けは山ほど残っていますが,ここからは知的生産に向かいたいと思います.

それにしてもきつい毎日を過ごしていると,ちょっとした心境の変化も出てきました.
このきつさは,世の中には人を見下し,嫌がらせをして,周りの人に迷惑をかけるといった
ネガティブな行動をとる人によってもたらされたものです.
毎日,本当に人間不信に陥れられるような事が続けて起こるようなところで
過ごしていると,やる気などどんどん失せていく感じがして,これまたいやな気分になります.

さすがに,金曜日の夜は嫁さんを連れて,酒を飲みに行きました.

しかし,そこを何とかしていこうと心がけていると,こちらの気持ちを十分くんでくれる
「味方」と言った言い方は何ですが,本当に心から手助けをしてくれる人が現れてくれて,
立ち向かっているのは一人ではないということが実感できる瞬間があったんです.
この実感が,まともな人を放っておいてネガティブな人に気をとられることがないよう
がんばれば良いんだという,心の整理につながりました.
ですので,自分の持てる力はそちらへ注げば良いんだと開き直れた感じがあって,
積極的にいろいろなことに動ける力が,今は身体や心の内から湧いてきています.

自分の信念を持って,また明日からまともな人のためにがんばりたいと思います.
[PR]
Excite エキサイト : コラムニュース 『iPad』を購入するべき10の理由!

 ずっと噂になってはいましたが,いよいよ発売されました.うーん,実物を見ていないからわかりませんが,電子書籍としても利用価値はありそうですね.iPhoneさえ持っていない身なので,まずはそこからかなぁとも思いますが,携帯電話キャリア自体を変更しなければいけないので,なかなか購入したくても二の足を踏んでしまいます.嫁さん共々auを利用しているので,ソフトバンクに乗り換えるとなると,これまたいろいろ面倒ですしね.

 それよりも,いきなりこっちの方を購入してもいいかなぁと思うわけです.持ち運びのできるMacという使い方もできそうですし.アプリケーションもひとまずiWorkをインストールすれば,仕事もできるみたいですから.しかもそのソフトの値段が3000円ときたら,格安でしょう.

 ひとまず,どこかの店頭で実際に触ってみることができればいいのですが.楽しみです.
[PR]
by ryuma75 | 2010-01-29 00:12 | Mac & PC
毎日毎日,仕事というのはどうしてこうもあふれてくるのかと思うくらい,忙しく過ごしています.

 ところで,仕事というのは報酬がなければ誰も喜んでしないんではないでしょうか.好きなことを仕事にしている人でも,必ず地道な部分が存在しているはずです.何もかも段取りを誰かがしてくれて,自分のやりたいことだけをやらせてくれるような仕事というのは存在しないはず.仕事は,段取りやら地道な下ごしらえやら踏まえて,「仕事」になっているのだろうなぁと思います.

 さらにプロになれば,当然ながら報酬に対する責任が自分にかかってくるようになるので,自分だけが納得がいくというような出来で終わることは当然できなくなってくるわけですよね.そういったところから,ますます本当のプロフェッショナルになればなるほど,地道な下準備が重要さを増してくるはずです.

 本当に好きなことであればあるほど,そこに時間をかけていくことができるんでしょうが,そこでの責任の存在というものが仕事と趣味を分けているのでしょう.

 そういう風に考えると,仕事に対するニーズというものを考える必要も出てくるのでしょうが,周りのいうニーズというものに対して,どれだけ聞く耳を持つかどうかは疑わしいものです.プロであればあるほど斬新なアイデアとそのアイデアを支える強固な理論が必要になってくると思います.ただし,新しいアイデアが必要だからといって,それまでの価値観が無駄なのかというとそういうわけではないはずです.なぜなら新しいアイデアというのは,これまでの実践の上にしか成り立たないはずですから.そうでなければ,問題点を改善するということはできるはずないし,全く新しく1からいろいろなシステムを作り出すというのはあり得ない話のはずです.

 そうすると,仕事というものを取り組む上では,今に至る経過をしっかりと見つめ直していかなければいけないでしょう.

 我が職場は,そういった知識の伝達が課題となっています.これまで個人が蓄積してきた仕事知はなかなか伝達されずじまいになっています.これをどのように次の世代に伝えていくか.これを解決する方法を今,思案中です.
[PR]
 我が家では,昨年末のクリスマスに嫁さんへのプレゼントとしてWiiを購入しました.これをインターネットにつなげるには,別売りのUSBアダプターを購入するか,Wi-Fiでつなげる方法のどちら.今のところに引っ越しをしたときに,不動産屋さんからのプレゼントということで,無線LANルーターをいただいたので,これをきっちりと設定してインターネットを使えるようにしました.

 ついでに新しく購入したMacBookもケーブルではなくAirMacでつなげてみることに.設定は本当に簡単.あっという間に無線LANでインターネットにつなげることに成功しました.

 ただし,Wiiで使うときには問題があるんです.というのも,無線LANのルーターをおいている部屋とWiiのある部屋が一番端と端.なので,電波が弱くなってしまうのです.1mも離れていないMacBookは電波をしっかりと強力に拾っているのですが,Wiiはアンテナ1本.時々接続が途切れてしまうようで,インターネットをWiiで使用すると,動作がものすごく遅い時が.

 セキュリティーに関しては,今のルーターはそれなりに進歩しているみたいで,一応は大丈夫だとは思うのですが(根拠はわからないけれども,そうやって人間は安心だろうと思い込もうとしている節もある),パソコンにはそれぞれウィルス対策ソフトやセキュリティーソフトを施しているので,外部からの侵入があれば遮断してくれるであろうと高をくくっています.

 それにしても,雑誌ではいろいろなことができる世の中になっているということは知っていましたが,こうも簡単にできるとは.技術の進歩はすごいものだと改めて実感した次第です.
 こんなに簡単なら,職場のネットワーク環境も無線にしてみようかなぁと考えてしまいます.何せ,投資額は1万円もしないのですから.これまで100mのLANケーブルを購入してきて,机の配置換えの度にほこりまみれになりながらケーブルを新しく引き直すという作業がなくなるわけですから.最近のパソコンには無線LANが標準で搭載されていることがほとんどですしね.

 いろいろと実現できるかどうか検討してみたいと思います.
[PR]
by ryuma75 | 2010-01-06 16:47 | Mac & PC
 今日は(というか,日付が変わってしまったので実際には昨日ですが)大きなプレゼンがありました.3ヶ月前から新しい事業に関しての中身を考えてきて,それを発表する場だったのですが,本当に緊張しました.

 今取り組んでいる事業に関して,大きな予算が付くかどうかや,事業の方向性を決める大きなプレゼンだっただけに,今日一日を無事に乗り越えることが出来,本当にホッとしています.

 一応,プレゼンの方は何とか好評を得ることが出来ました.細かい点に関しては,まだまだ見直すべき所もあったり,意識していなかった点を指摘されたりと,積めていかなければ行けない所などもありましたが,概ね認めて頂けた感じです.

 さらにツメの部分に関してはありますが,次のステップに進むことが出来そうですし,この仕事を他の人へと受け渡すことが出来そうです.また,正式に決まった段階になれば実行部隊としても動かなければならないとは思いますが,今回の仕事の中で蓄積できたノウハウなどもあったので,それをさらに発展させればと思います.

 ここ数年来の仕事の中で本当に大きなプレッシャーのかかるものだっただけに,安堵の気持ちで一杯になりました.今回の仕事に関して一緒に頑張ってきた周りの同僚や先輩などから,「お疲れ様」という声もいただき,また簡単な打ち上げも用意していただけたりして,感謝感謝という感じです.

 明日からは(というか,今日から),また新しいステップアップを図ることが出来ればと思います.
[PR]
by ryuma75 | 2009-11-26 01:08 | Work
Excite エキサイト : 経済ニュース ウィンドウズ7を発売 3年ぶりの新作

 今の職場では,今年度中に大規模なシステムの入れ替えがあるんです.そのシステムに関する事で,コンピュータ関係の企業の方やSEの方とお話をすることが最近多いんです.

 その中で,いよいよWindows7が発売されるということで,「端末のOSを7にすることのメリットとデメリット」ということについて話を聞いたんです.そうすると,今回仕事場に入る大規模なシステムを組む上では,「7を使うのはちょっと怖い」とのことでした.

 くわしく聞いたところ,やっぱり問題点は「安定性」だそうです.何社かのソフト会社のSEさんに話を聞くと,「サービスパックが出て一通りバグが解消されるまでは,仕事上のシステムのOSとして利用するのはとても怖い」ということでした.各メーカーさんのソフトに関しては,だいぶ試験が繰り返され,どこのメーカーさんも平均的には「今年中に,どれだけ遅くても今年度中(来年3月までには,普通に使える状態」にはなるとのことでした.ただし,あくまで試験的な運用の場合はこれで良いらしいのですが,実際に大規模にシステムが運用しはじめたときには,「あらゆる負荷がシステムにかかってくるので,どこでバグに行き当たるかということは想像できない」らしいんです.

 たしかに,システムが止まってしまって仕事が出来ないというような状態は避けなければいけません.また,SEを自前で雇わずに外部委託していると,すぐに対応できず復旧までに時間がかかることも容易に想像が出来ます.ということで,これまで世間一般的に余り評価は高くなかったVistaをシステムのOSとして使うことに決まりました.

 今回のシステム導入に関しては,OSのシステムサポートがXP並みに長期間実施されるというのが前提にはなりますが,安定性が確保されるということを第一に考えると,こういった選択になるんだろうとは思います.

 職場の端末の一部ではありますが,ネットワークなどの簡単な設定などに関して管理してきたものとしては,Windowsも3種類をしっかりと使いこなせる状態になっておかなければなぁと考えています.とは言っても,個人的に欲しいパソコンは今度新しくリリースされたMacなんですけれどもね.
[PR]
by ryuma75 | 2009-10-23 00:18 | Mac & PC
 最近思うことがあるのです.それは,嫁さんって凄いなぁということ.この4月から同じ業種で仕事を始めたのですが,同じような仕事をするようになる前からも感じていた凄さを目の当たりにするんです.

 何が凄いって,「行動力」

 良いと思ったことや情報はすぐに取り組んでみるんです.行動にうつしてみてその結果から検証するというタイプ.これって,仕事をする上ではかなり重要なことですよね.何年か仕事をしていると,どうしても過去の経験から,簡単に見切ってしまってあきらめたりしてしまうのですが,そういうことがないわけです.あきらめてしまったことは何も残りませんが,嫁さんは決してマイナスになることがない,つまり行動する限りはプラスへと持っていく能力が長けているんです.だから,結果として一つの物事をトータルで考えると,僕などよりも遙かにレベルの高い状態にすぐなっているんです.

 こういうのって凄いなぁと思いません?

 まるで勝間和代さんがすぐ身近にいる,そんな感じでしょうか?(ん!?たとえがわからない?)

 見習うべきところがたくさんあるわけで,こちらも頑張らなければと焦っております.
[PR]