昨日,家に帰ってみたら税務署から封筒が一枚.
中身を見てみると,確定申告での申請に誤りがあるということみたい.

インターネットを使って書類を作成しているときに,
ここの欄はどうなっているのかなぁと思っていたところがやっぱり引っかかっていたところ.
ということで,そこのところの訂正をしに税務署へ行かなければ.

それから,どうも足りない書類があったみたいで,それも提出する予定.
今日は午前中かかって役所周りになりそうです.

仕事的にちょうど午前中の隙間時間ができていたところなので,
タイミングが良かったのかな?
せっかくのゆっくりとした時間がとれなくなったのは残念.

では,行ってきます.
[PR]
 いつもながら,年度初めは超多忙になっています.

 いつもブログを書いていても4月になると極端に書き込むペースが落ちてしまうんですよね.2月後半から3月にかけてはほぼ毎日投稿できていたものの,4月に入ってからは,これで2つめの書き込み.

 新しい役職について,本当に責任重大の毎日を送っています.これまでとは本当に違う毎日で戸惑うことも多々あります.ただ,この立場に立ったことでこれまで見えてきていなかったようなことに気がつくようになった部分もあります.以前の立場だった人を見て「自分だったら,こう振る舞っていたのに」とか,「この人はこんな動きをするんだ」と驚いたり.若手の動きを見ていて「この動きなら大丈夫」と思える人もいれば,「おいおい,大丈夫かぁ?」と心配してしまうような人もいたり.毎日が本当に勉強になります.

 ただ,これまでとは違って本当にデスクワークが多いので,身体がなまって仕方がありません.パソコンの前でひたすら会議用や提出する報告書の他ぐいっといった書類を作成したりで,本当にこれまでとは違う世界にいます.これまでも書類を作るといったことはありましたが,結構締め切りが緩かったりしていたので,本来の仕事の間に気分転換がてらに書類を作るといった感じが多かったのですが,今はそういうわけにはいきません.「何日後のこの会議ではあれとこれの資料が必要だから,それをまとめておかなければ」みたいな感じで,必要な書類が何種類もあったりするんです.締め切りと内容がほぼ決まっているので,企画的な内容であったり全体のスケジュール調整を考えながらの書類作成ということで,この作業に結構時間がかかってしまっています.これまで現場主体だったものが,どうやら変わったということです.当然ながら現場にもどんどん出なくてはいけないことには代わりはないので,それとの両立ができるかどうか,時間的に余裕はあるのかどうかといったところが今から不安です.

 就職してから結構時が流れ,いつしかこんな立場で仕事をするようになってしまいました.まだまだ緊張の連続,不安な毎日を過ごしていますが,早くなれて実践的に動けるようになれればと思います.
[PR]
by ryuma75 | 2010-04-06 00:43 | Work
いよいよ年度が替わって2010年度になりました.
春のこの時期には人事異動があったり配属が変わったりと
色々身の回りの様子が変わります.

今年は今の仕事に就いてから一番の大きな変化がありました.
それは,これまでは最前線で働いてきていたところから,
職場全体を統括的に見ていく「主任」などという肩書きになったこと.
会議や資料の調整などをまとめていくという仕事に変わったんですね.

仕事の中身も,これまでとは全然違う部分が多く,
今日一日を無事に終わることができたことで,少しほっとしています.
しかしながら,まだまだ仕事は始まったばかり.
これからますます忙しくなるとは思うのですが,
ひとまず明日を何とか乗り切って土日に進めることができればと思います.

早く明日一日が終わらないかなぁ・・・.
[PR]
by ryuma75 | 2010-04-02 01:17 | Work
いよいよ3月も残すところあと2日で終わり.

こんな時に,体調がすごーく悪い.

何とかしたいなぁと思うものの,ふらふらで歩くのもきつい!!

ということで,昨日はブログさえ書き込むこともできず仕舞.

でも,今日も仕事.
いつもより2時間遅れで,しかも混み合っている通勤電車に乗らずに
車で通勤できる日だったので,ちょっと助かる・・・.

今から出かける用意をして,仕事がんばってきます.
[PR]
今日は三年間、仕事上でお世話になった方々との打ち上げがありました。終わってしまった状態なだけに、これまでとは違ったリラックスした雰囲気で色々お話ができました。最後、ガラにもかかわらず挨拶をすることになったのですが、突然のことだったのでうまくしゃべることができませんでした。

ああいう挨拶になるとうまく笑いを取る人もいて、すごいなぁと思います。人前で面白い話ができるのは場の雰囲気を明るくしてくれるので、良いなぁと思ってしまいます。

さて、明日はチームのお疲れ様旅行です。色々な話を聞くことができるので楽しみです。
[PR]
by ryuma75 | 2010-03-19 22:17 | Work
とうとう職場のコンピュータが切り替わり始めました.まだまだ問題が山積みなんですが,なかなかその議論に乗っかってくれる人がいなくて,文句ばかりが多い状態です.コンピュータをネットワーク上で管理するとなると,これまでとは違った事が当然出てきます.

メリットとしては,情報を一元管理できること.
セキュリティーが強くなること.
書類やプレゼン資料といったものをどこでも利用できるということ.

この辺は,導入されるパソコンのスペックが統一されていることと,職場のどの部屋でも同じ環境でサーバーにアクセスすることができるということが便利さを生んでいます.

しかしながらデメリットもあり,
これまで通りにUSBを介してファイルのやりとりができないこと(ネットワーク上でファイルを管理するということでセキュリティーを高めていることから,この動作を根本的に行わないというのが使用の前提になっている),端末の台数が,職場の中心的な部屋に絶対数が少ないこと(個人持ちのマシンをライセンスの関係でネットワークに接続できないため)などがあります.

また,明日SEさんと話し合い,細かい使用についてどのくらい要望が通るかということを意見交流することになっています.おそらくこのままだと,職場の人の反発が大きくなると思われるのですが,便利になると不便になるところが出てくるというのも事実で,その辺をどのようにバランスをとるかということが明日の課題です.

なんか,人の仕事の調整をするというのはなかなかしんどいものがありますねぇ.どれかの意見を通そうと思うと違う意見に目をつぶらなければ行けなくなるということが生じます.ある意見を通さないと決断するには,それがいかに合理的であるかということを述べなければ誰もが納得してもらえるようにはなりません.ということで,そのあたりのこともSEさんから知恵を拝借できればと思います.
[PR]
by ryuma75 | 2010-03-18 01:00 | Work
 昨日で,三年間取り組んできた仕事がひとまず終わりました.後は書類を仕上げて送付してしまうだけ.この3年間の仕事は本当にとても厳しかったです.自分の立場というものを意識して仕事をしなければならなくなったのもこのチームが始まってから.それまでは,チームの中でも若い部類に入っていたのでどんどんと自分のやりたいことを提案してはぶつかっていき,失敗したときには先輩がフォローをしてくれるという感じだったんです.しかしながら,3年前にこのチームになってからはサブの地位になり,若い人も含めて仕事を統括的に管理するのが大きな役割となってきたので,やりたいことをどんどんするのではなく全体のバランスを考えながら自分の動きを作るということに意識しなければなりませんでした.それまでのチームで,こういう立場だった人たちのことを考えると,全く持って力不足だったとしか言いようがなく,リーダーをしていた先輩には本当に「すいませんでした」という気持ちでいっぱいです.

職場のチームはだいたい3年間固定メンバーになるのが普通なのですが,自分のチームに関しては途中アクシデントで抜けざるを得ない人がいたりして,3年間の継続性という点で若干力がそがれてしまう部分があり,本当に紆余曲折という表現がぴったりなくらいでした.「終わってしまえばあっという間だろ?」と声をかけられたりしましたが,正直なところ本当に長かった3年間でした.

昨日はその打ち上げがあったのですが,リーダーには力不足を謝り,そして周りの力なくしてここまでたどり着けなかった事から周囲には感謝の気持ちをたくさん伝えるように努めました.言い切れない思いはたくさんあるのですが,挨拶をするときに泣いてしまいました.

これから,新年度が始まるまで少し自分の中ではゆとりを持てそうな感じです.ただ,来年度からはいよいよ配置換えでこれまでと違った種類の仕事を仰せつかる雰囲気があり,気持ちの整理をつけておかなければという状態でもあります.しっかりとこの3年間を総括し,次につなげられるようしっかりとまとめていきたいと思います.
[PR]
by ryuma75 | 2010-03-15 23:00 | Work
我が職場には,今カナダから来ているエンジニアがいます.結構いろいろと仕事場の人と打ち解けて話をしています.僕自身もちょっとした隙間時間や休憩時間などに色々と話をしたりします.

とは言っても,向こうはは日本語が片言,こちらはこちらで英語は学校で勉強した程度の片言.なかなか言葉が通じないもどかしさをお互いに感じながら話をします.しかしながら,話が通じたときの快感というのはすごいモンです.とても気持ちが高揚します.結構熱心に話をするときなどは,たまたま終業時間などのタイミングで話しかけられたときなど1時間くらいお互いの片言で話をしています.

それにしても,最近かじることがあるのですが,今の日本人全体の中で理系の人はどれくらいいるのでしょう?僕自身は理系の大学に進み,理系の仕事にありつけていますので,考え方や思考などは結構理系よりであるとは思うのです.ところが,この理系思考というのはなかなか普通の世間一般では通じない場合が多かったりするんですよね.我が職場でも90%は文系が占めています.カナダから来ているエンジニアは,話をしているとやっぱり理系のセンスを感じます.

たとえば先日山陽新幹線で故障騒ぎがありましたが,新聞などを見ているとまるで安全神話が崩れたかのようなたたき方をしているわけです.理系の人間なら,「機械には完璧などあり得ない」と言うことは十分知っているはずです.なぜならば,道具というものはメンテナンスをしていても過酷な条件で利用している限り,必ず疲弊し具合が悪くなるモンです.具合の悪いところが出てきたら,その原因から弱点をどんどんつぶしていき,より精度の高いものができあがっていくわけで,トラブルが発生して当たり前だと思うのです.そういう意味では,確かに人名もかかっている乗り物なのでトラブルは大きく書かれたりするのも致し方ないかもしれませんが,ちょっと責任問題であったり騒ぎすぎではないかと思います.

日本の国力の大切なところは,やはり技術力だと思います.しかしながらこの技術力というのは一長一短では育ちません.技術力を支える理系思考がもう少し世間一般に広がればいいなぁと思うのですが,なかなか理解してもらいにくい部分が多々あり,広がりにくい土壌ができあがってしまっていると思います.カナダ人のエンジニアと話をしているときに感じるものは,結局理系思考のシンプルさから出てくる合理性なのかもしれません.そういう観点からすると,技術者の持っているものは世界共通なんだなぁということです.
[PR]
 今日はもうすぐ就職をするという学生に向けて,職場の先輩として講演をするというお仕事をして参りました.こちらとしては,どんな風に仕事をしてもらいたいかという心づもりとがんばりどころみたいなことをパワーポイントにまとめてお話をしてきました.

 不慣れな事だった故に,うまく話せたかどうか,また学生に話が伝わったかどうかということが気にはなりますが,それでも若い人と話をすることができたのは有意義だったかなぁと思うわけです.学生の方も緊張はしていますが,まだ仕事本番という感じではないのでリラックスした感じでこちらの話を聞いておりました.おそらく同じように仕事をするということがわかっているので,居眠りをしたらまずいという自制心もそれなりに強く働いていたかもしれません.とにかく,結構まじめに話は聞いてくれていたように思います.

 なぜ学生向けに話をするようになったかというと,ここ数年の新人さんがやっぱりこれまでとは違う人種に感じられるようになったからだと思います.感覚的には,本当に「自信過剰」というか,「自分はがんばっているんだから認めてくれない人はイヤな人」という感じで周囲を見下しているという雰囲気を持っている人が多いなぁと感じます.自信があるといって,仕事ができるかというとそれこそ自己満足の世界で終わってしまい,周囲の求めるレベルに到達していないことが多々あって,結局その後始末は周りがしているという状況が続いてしまいます.ですので,「仕事の実態はどうなんだ?」ということを認識できるようにと考え出されたのが,就職前の研修という事みたいです.

 4月に辞令をもらって配属される新人が,どんな仕事っぷりを見せてくれるか,本当に期待せずにはいられません.
[PR]
by ryuma75 | 2010-03-05 23:39 | Work
 ここ数年,ブログをアップするのが減っていました.というのも,仕事の忙しさに自分を見失う日々が続いていたから.しかしながら,「継続は力なり」という言葉があるとおり,ブログを通していろいろと自分の意見がまとまって来ていたのも事実.

 ということで,原点に立ち戻りプレッシャーにならない程度に,楽しみながら毎日ブログを書くことができればなぁと思った次第.このブログを始めてから5年以上になりますが,自分も含めて,世の中はいろいろと変化し続けているわけで,一瞬たりとも同じところにとどまることはない事を本当にイヤというほど思い知らされ続けています.この流れの中でおぼれることなく,何とか自分の姿勢をバランスよく保ち,岸にたどり着くことができればと思う次第です.

 ブログはそのための大きな道具.

 5年以上も何かを続けたことがない自分だからこそ,このブログを大切にできればと思います.
[PR]