<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0069720_22381291.jpg
澤野工房から発売された,ロベルト・オルサー・トリオのアルバム.
本当に,Jazzって奥深いなぁと思うのです.

このアルバムのジャケットの紅葉と演奏が,今のこの時期の光や空気感がピッタリ.
その空気感が味わえるだけでも,もうけもんです.

[PR]
by Ryuma75 | 2016-11-23 22:42 | Music
b0069720_08452732.jpg
新しく消しゴムをおろしました.
筆記用具で鉛筆を使うようになると,どうしても消しゴムが必要になります.
ということで,消しゴムを買ってきました.
シードのRadarが基本です.
よく消えます.
使うノートはコクヨのフィラーノートと決まってますので,この消しゴムが一番相性が良いです.
実用品としては,超一流ではないでしょうか.

[PR]
by Ryuma75 | 2016-11-19 08:48 | Mono
b0069720_08362685.jpg
Canon EOS KissX5 EF-S18-55mm 1:3.5-5.6 IS Ⅱ

4年前の紅葉
清水寺です.




[PR]
by Ryuma75 | 2016-11-19 08:38 | Photo
b0069720_1953326.jpg

昨日,紹介したLEPYの半導体アンプにつなげているスピーカーが,このヤマハのスピーカーです.
2本セットで8500円.アマゾンで購入しました.

普段家では,パソコンからUSBで出力した信号をD/Aコンバータでアナログに変換し,BOSEのスピーカーを使ってならしていますが,その音に負けず劣らずというか,このヤマハのスピーカーの方が良いのではないかと思うような音が鳴ります.
 
一番良いのは,JAZZですね.

澤野工房が発売しているピアノトリオのアルバムをよく聞きますが,どれもバランスがとても良い.音の粒が際立っていているけれども疲れない,そんな音が出てきます.
 
アンプとスピーカーで1万円.これに使わなくなったDVDプレーヤーですから,コストパフォーマンスは凄く高いです.
テクノもロックもフォークもクラシックも何でも聴くのですが,どれも破綻がないですねぇ.スペースもそんなに取らないので,仕事場で邪魔にならないで,主張するわけでもなく,さりげない感じで音を鳴らすことができるということでは,本当に十分といえるシステムを組むことが出来ました.ありきたりのラジカセなどを置いてしまうよりも,全然満足度は高いです.
 
自宅でも,この形で仕事部屋のオーディオを作ってしまおうかと悩んでいるところです.
[PR]
by Ryuma75 | 2016-11-13 20:01 | Mono
b0069720_23181276.jpg


2〜3年前に,MONOQLOという雑誌のアマゾン特集で,「安価なのに10万円のオーディオに負けないアンプとスピーカー」というページがあり,紹介されていたのがこのアンプです.LEPYというメーカーの半導体アンプです.アンプだけの値段は3000円くらいだったと思います.
 
アンプと言いながら,とても小さいんです.
昔のアナログテレビ時代につないでいたDVDプレーヤーをCDプレーヤー代わりにし,これをアンプに接続して音楽を聴いていますが,恐ろしくビックリするくらいパワフルです.スピーカーについてはまた別の日に書きますが,コストパフォーマンスが高すぎて,これからオーディオはこれで十分と思うくらいです.
 
職場が新しくなり,音楽を聴く環境を作っても大丈夫な所となりましたので購入しましたが,ラジカセや一体型のオーディオ機器を購入しなくて本当に良かったなぁと.
良い音でリラックスしながら仕事が出来る環境となって,とても満足しています.
[PR]
by Ryuma75 | 2016-11-12 23:28 | Mono
三菱の鉛筆.

ユニではなく,普通の緑色のものです.
芯の濃さは2Bが大好きですので,これも2B.
 
シャーペンの芯から何から,全て鉛筆系の芯の濃さは2Bです.
こだわっています.
濃さと柔らかさが,好きなんです.
Bだともう固くなってしまうし,HBだと字が薄くて見え辛いんです.
ですので,2B.

b0069720_0265144.jpg

[PR]
by Ryuma75 | 2016-11-12 00:29 | Mono
b0069720_8244442.jpg
b0069720_8241825.jpg


仕事場で鉛筆を使うことになったので、鉛筆削りを買いました。
楽天市場で鉛筆削りを探していたら、なんか懐かしいものが目に入ったので注文。

やってきた箱を開けると、のパッケージから昭和を感じる懐かしさ。
パッケージを開けると、
「そうだ!!コレコレ!!」
と、嬉しくなりました。

これぞまさしく「鉛筆削り」

ということで、早速使い始めています。
[PR]
by Ryuma75 | 2016-11-11 08:34 | Mono