<   2009年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 カラオケに行ってきました.

 久々に歌うので,声の出し方を忘れてしまっていました.

 歌を歌うのも,音が外れまくって音痴になっていました.

 昔に比べて,音楽を聴く時間も少なくなっていたのが,影響したのでしょうか.

 人間,遊びでも何でも,物事から離れていると下手になるということを身をもって経験しました.
[PR]
 この夏は色々と出かけることが多く,その手段としてマイカーを使うことが多かったんです.乗っている自動車はホンダのフィット.発売されてすぐに購入したものなので(といっても,5ヶ月待ちだった)初期型です.購入するときに,色々と他のメーカーの車と乗り比べをしたりしました.その時に乗り比べ他のは,日産マーチ,トヨタヴィッツ,スズキカルタスワゴン,トヨタdb,マツダデミオ,三菱ディンゴ,トヨタファンカーゴ.こういったリッターカークラスの自動車を色々と乗り比べをしている時にフィットが発売されたんです.フィットを試乗したときの衝撃は凄かったです.それはこれまでのリッターカーの印象をがらりと変えてしまう部分が多かったから.

 ボディーサイズやエンジンの大きさなどと燃費,車の剛性すべてを取ってみてもバランスが良かったんです.一番驚きだったのはぺなぺな感が無かったこと.がっしりとした固まり感にあふれているリッターカーなど当時はなかったので,これを購入することにしたんです.

 時は経ち,そんなフィットももうすぐ丸8年.走行距離はもうすぐ6万キロというところです.余り距離はいっていません.結構新車当時の乗り心地を維持しているんではと思っていたのです.また,ちょっと車格の大きい車にも負けてはいないレベルだと思っていました.が,しかし,同じ職場の先輩が運転しているフォルクスワーゲン・ポロに生まれて初めて乗せてもらうことがあったのですが,本当にビックリしました.年数的には6年目とそこそこいってはいるのですが,車のがっちり感というものがフィットと比べものにならないくらいのレベルだったんです.車の価格はポロの方が100万円以上高いので,同じ土俵というわけではないでしょうが,それにしてもという感じです.

 何が一番違うかというと,路面のあれたところを通り越したときの車の挙動.フィットの初期型はサスペンションが固くごつごつした乗り心地なんです.ポロも「これがドイツ車特有の固さか・・・」と思わせる堅めの乗り心地なんですが,一番の違いはそのショックを受けた後.フィットはショックをボディーでがっしり受け止めるという感じが無く(それでも以前のスターレット等に比べると格段の乗り心地だとは思うけれど・・・)多少ぐらつきがあるのですが,ポロはぴたっと1回でゆれが収まるんです.こんな感覚は今まで一度も受けたことがないので,本当に感動ものでした.だから,フィットの場合ショックを乗り越えるときに,身構えている状態があるのですが,ポロに乗ると車に任せておくことが出来るわけで,長時間のドライブでは体に対する負担が大きく変わってくるのは誰にでもわかることです.

 今発売されている国産の新車は,もっとがっしりしてきているんだろうとは思いますが,色々乗り比べてみなければわからない部分も多々ありそうです.ただし,当然日本国内で乗るには一長一短があるわけで,ポロは小型車ながらプレミアムガソリンを必要としますので,走らせるのに必要な金額はフィットに比べるとかなり高額になるわけです.

 自動車を購入するには,その車を必要とすることがらに優先順位をつけていかなければいけないと思います.そういう意味では,今のぼく自身ではフィットで十分と思う部分があるのでどうということはないのですが,国産メーカーにはもっと頑張れるところがあるんだろうなということもわかりました.

 世界の小型車の文法はフォルクスワーゲンにあるというのを,本や雑誌などに書かれているのを何度か見たことがあったのですが,それはウソではないということを肌身を持って感じた出来事でした.
[PR]
b0069720_21563375.jpg 最近,泊まりがけで出張に出かけるとき,宿舎でほっと一息をつくのに手軽に手に入るブラックニッカを飲むことがあります.ホッとしたいときにウイスキーはもってこいのお酒ではありますが,仕事で疲れ切っているときなどはこういった安いウイスキーは助かります.サントリーのこのクラスのウイスキーは水割りやロックで飲もうとするとアルコール臭がきつくて,余り飲めたものではないように感じてしまうのですが,ニッカはスッキリとしていて飲みやすい感じがあって丁度良いんです.

 ウイスキーが好きになったのは,元々は蒸留所へと出かけるようになったから.そこで味わったウイスキーの風味は本当に身も心も癒すものでした.それ以来,ホッとしたいときに飲むお酒はひたすらウイスキーに.ビールもとても美味しく飲むのですが,「癒し」のレベルには達していません.

 仕事で疲れ果て,しかしながらまだ体や心は荒波の状態の時,ウイスキーをそっと口に運ぶことで,すーっと波が落ち着いていく感じ.本当にこれがたまらなく好きなんです.元々お酒は弱い方なので,多く飲むわけではありません.落ち着くことが出来ればそれでよし.良い状態にウイスキーを味わうことが出来れば心地よい眠りに入れます.

 個性的なウイスキーも好きですが,あまりに疲れ果てて,そこから解放されたい・落ち着きたいと感じる時にはその独特の個性(癖)が受け付けられず合わなかったりするんです.だから癖のないブラックニッカなどは,もってこいのチョイスになるわけです.

安いながらも良質のウイスキーを味わうことの良さは,「癒し」をもたらす自然の優しさにあるように感じます.特に日本のウイスキーはその特性が大きいようにも思います.
[PR]

レタス・フライ (講談社文庫)

森 博嗣 / 講談社

スコア:



森博嗣さんの短編集「レタス・フライ」を読み終えました.といっても,読み終えたのはほぼ1月前.文庫本が発売されてすぐに購入し読み始めました.色々なシリーズを読んでいないとわからないであろうと思われる短編も多々ありましたが,おおかたのシリーズには手をつけていたので,わからないことはない程度に読むことが出来ました.

 しかしながら,最後の短編「刀之津診療所の怪」の最後に出てくる「刀のつPQR」だけは,どれだけ頭をひねっても答えがわからず,スッキリしないのです.ネットで検索をかけてみても,謎が解決されるだけの満足な解答がありませんでした.こうなると,気になって気になって仕方ありません.

 もし,森博嗣さんのファンの方がいらしたら,こっそり教えて頂けませんでしょうか.よろしくお願いします.
[PR]
 先日まで福岡へ出かけておりましたが,いやはや九州は遠かったです.新幹線で数時間と思っていても,車窓の移り変わる様を見ていると,距離感を感じるモンです.距離感を感じるとどうも疲れが出てきてしまいますが,一日休みをもらうことで,取り返すことが出来ました.

 今日は,車でですが出張に行ってきました.色々な情報を仕入れることが出来,とても有意義な一日でした.今年はそれに関することで,少し深く掘り下げていかなければいけないところもあって,色々と話を聞けた内容に関しては本当に参考になる部分が多々有ったので,わざわざ出かけた甲斐がありました.

 それにしても,あまりに多く外へと出かけることが多かったので,ボチボチ本来の業務に関しても集中していかなければいけません.あまりに違うことをしていたので,意識が飛んでしまっている部分がありそうでちょっと心配です.明日から,また仕事がつまってきています.頑張っていこうと思います.
[PR]
b0069720_1229612.jpg

 実は鉄道好きなんです。新幹線に乗るのはホントに久しぶり。しかも大概乗るとしても、東海道新幹線ばかりだったので、山陽新幹線は10年以上振りでしょうか。
今はひかりレールスターという列車に乗っていますが、職場が用意してくれた指定席はすごくゆったり。東海道新幹線では味わえない2×2列のシートはかなり楽チンです。
のぞみのスピードとは種類の違うサービスも良いもんだと思います。ただ東海道側は利用者の数もかなり多いし、その乗客をはかなければならないぶん、過密ダイヤでもあるみたいなのでこういうサービスはやりにくいのでしょうね。
[PR]
b0069720_1158161.jpg

福岡へ向けて新幹線で移動中です。今から駅弁で昼食です。
[PR]
 今日の晩御飯のおかずは,冷凍して売ってあった魚の切り身を煮付けにしました.

 醤油,酒,みりん,砂糖,臭み消しの生姜といたってシンプルな調味料で味付けした煮付けは,とても美味しく出来上がりました.ご飯がとても美味しくいただけます.

 スーパーで冷凍して売っているものを初めて買ってみたのですが,お手頃ですねぇ.それなりにボリュームのある魚だったので,簡単に出来るからまた料理してみようと思います.

 ぼく自身が料理を作るときというのは,余り凝ったことをしません.面倒くさがりというところもあります.料理は手間暇翔ほど美味しくなることもわかっていますが,何せ仕事帰りで疲れている体にむち打って食事を作るので,どうしてもお手軽な料理にならざるを得ません.ただし,総菜などは余り好みではなく,そうなると簡単に出来るものばかりになってしまいます.野菜を軽く湯がいて切ったものだとか,鍋に入れて煮るだとか,切って炒めるだけだとか.ただ,自分で料理するので材料を健康に合わせて調節することが出来る分,偏らないように気をつけることが出来ます.外食が多くなるとどうしても栄養が偏ってしまいますからね.7月は夫婦共々あまりに忙しすぎて外食が多く,吹き出物が多くできてしまいました.8月になってから食べ物に気をつけるようになり,落ち着いてきました.

健康は食生活が一番基本だということを,身をもって経験した次第です.
[PR]
 毎年,夏になると文庫を出版しているどの出版社もフェアを行って,どの書店も文庫のコーナーが充実します.嫁さんは,講談社文庫の「夏イチ」の携帯ストラップが大好きみたいです.僕はというと,新潮文庫の「Yonda?」が大好きで,毎年グッズほしさに2冊ずつ購入しています.

 今年購入した2冊の内の1冊がこれです.

李陵・山月記 (新潮文庫)

中島 敦 / 新潮社

スコア:



 昔,高校の教科書に確か山月記が出ていたと思います.まず,現代文の教科書なのに漢文と古文の要素が混じっているこの文章に驚きました.さらに,この作品が丁度戦中の作品であることに驚き,また作者が33歳という若さで没している事に驚きました.格調高い日本語というのは,こういう文章なのかなぁと感じた記憶があります.

 そんな作品を,中島敦よりも年取った自分が再び読んでみると,どんな気持ちになるかという興味を持って,この本を今年の1冊にしたのです.
 山月記を読んで,とても心にグッと来るものがありました.「臆病な自尊心」,「尊大な羞恥心」という言葉がとても身に染みます.この半世紀以上昔の短編が,今も読み継がれ出版され続ける理由がわかります.人間の心の奥底にある虚栄心のようなものが,見透かされて題材にされているわけで,それをまとめ上げている作品の力は絶大です.

 高校時代,この短編の持っている大きさを理解できるわけはなく,しかしながらその大きさの影響を受けていたからこそもう一度読んでみようと思ったわけで,国語の授業というのは良い作品と出会っていたのだと,今更ながら思います.

 夏の休日,暑い中わざわざ出かける出もなく,エアコンの効いた書斎で音楽をかけながら,中島敦のような作品を読書するのは,結構な心の贅沢だと思いました.
[PR]
 人が一つのことに打ち込む姿というのは,なぜに心を励まされるのでしょうか.

 いつも思うのです.

 とても素晴らしいと思う出会いは,心を元気にしてくれます.

 いつだったか,大分前だったと思います.このブログでも書いたかもしれませんが,自分の心が素直であるといろいろな人との関わりが素晴らしいものになってきます.人との関わりに感謝の気持ちが一杯になってきます.

 先日,私の所へ以前一緒に時を過ごした男が,訪ねてきてくれました.その男性と仕事で関わっていた頃,ぼく自身は結構ガツガツ仕事をする方だったので,自分や周りの目標達成のために,結構きついことを要求した部分もあったんです.その人からも反発を買ったこともありました.

 しかしながら,ぼく自身のもとから離れ地方へと出向いていった彼が,今度近くに戻ってくるということであいさつに来たんです.僕は驚きと共に,とても大きな嬉しさがこみ上げてきました.それはなぜかというと,ものすごく頑張ってきたと思われるたくましさや成長の跡とが,一目見てわかったからです.

 ぼく自身,その時は「自分が正しい」と思って要求していた部分がありましたが,人を傷つけてはいなかったかと,自問自答することがよくありました.しかし,あいさつに来てくれた彼を見て,少しではあるけれど,その答えは「正しかった」と確信を持てたと共に,感謝の気持ちが湧いてきました.

 手みやげをもってわざわざあいさつに来てくれた彼に,ぼく自身「ありがとう」を何度も言いました.こんな気持ちになるのはなぜかなぁと自分でも不思議なのですが,でもやっぱり心から思うことは「ありがとう」なんです.と同時に,心の中に元気が湧いてきました.

 また,これから仕事を頑張るぞという勇気も湧いてきました.
[PR]