<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

最近,早寝早起きをするというのが,生活習慣になりつつあります.
生活の習慣が変わったのは,少し環境に変化があったから.
その生活習慣から,パソコンを夜に開くと言うことが出来ずにいました.
ブログのレポートを見てみると,一桁の日が続いていますが,
それも分からないでもありませんね.

さて,早寝早起きをし始めると,結構色々な事をすることが出来るんですよね.
ひとまず,仕事に行くまでにこれまで出来なかったことを少しずつしています.
その分,仕事から帰ってくるのも徐々に早くなりつつあります.

仕事の帰りが早くなったのは,早寝早起きが元々の原因というわけではなく
仕事のチーム全体で「夜7時には職場を出よう」という目標を立てて,
それを実行出来るように,段取りよく仕事をするようになったということもあります.

おかげさまで,段取りよく仕事をするようになってきたため,
夜は早めに職場を出ることが出来,
家に帰ってからは,これまで余り出来なかった料理を
作ったりするというようなことも出来るようになりました.

嫁さんと一緒に料理を作ったり,たまには自分一人で料理を作ってあげたり
台所に立つことで,それまで頭の中にあった仕事のモードを
スイッチの切り替えが出来るんですよね.
仕事のストレスをここで「プチン!!」と切り離せて,
気持ちを落ち着かせるようになるんです.

夕食を食べると,早寝をした分眠気がすぐにやってきます.
ここ数日は,本当に眠くなるのも早いです.
しかし,早く寝ると,肉体の疲労の抜け具合も大きく,
次の日に肉体疲労が残るということも少なくなりました.

早起きは三文の得という言葉がありますが,
まさしくその通りの生活を送りつつあるのが,不思議な感覚であったりします.
この生活,しばらく続けていこうと思います.
[PR]
この3連休,ノンビリと過ごしました.
普段仕事で余りしない家事もそれなり(?)にしました.

久々の休みをどうやって使おうか,いざ休みになってみると
色々やりたいことが多く,それがプレッシャーとなって
やりたいことの内,一つか二つくらいしか結局出来ませんでした.
いつも,そんな感じで休みは過ぎていってしまいます.

読もうと思っていた本も,少しは読み進めることが出来ましたが,
全部を読むにはなかなかどうして,進まないものです.
それも,最近読書の方法が変わってきているからだと思うのです.

小説を読む時の感情の入り込み方なども,以前とは違うような気がします.
ただ,小説は映画やお芝居みたいなものなので,
読み始めたら一気に読んでしまわないと気が済みません.
ところが最近本から学んだりするような教養的本を読むことが多くなり,
そういった本は,おいそれと読むことがなかなか出来無いんですよね.
なぜならば,読み進めるにあたり自分の中で理解をしていかなければいけないから.
頭の中で理路整然と論理が展開出来るようになるには,
かなりの時間と根気が必要な気がします.
ですので,読み進むスピードはかなりゆっくり.

今後読書をする方法は,どんどんと変わっていくかもしれない気分です.
それは,得るものの多い本に出会っているからとも言えるでしょう.
今後の人生において,吸収すべき観点であるものが多く
そういった点では,一心不乱に読書をするだけの気構えが必要な気がします.
そして,そういったもののつながりが見えた時と言うのは
とても素晴らしい気分になるのではと,変に期待しているのですが・・・

それもこれも,自分の能力次第ということで,プレッシャーに弱い自分に
自分でプレッシャーをかけてしまっているような・・・
[PR]
b0069720_933844.jpg

ものすごく快晴です。

(携帯で撮影したので,画質が荒いですが・・・)
[PR]
季節がだんだんと秋めいてきましたね.
秋雨前線が停滞していると言うことは,日本列島はまさに夏と秋の境界.
この前線が完全に日本の南へと下がると,季節は本格的に秋ということになります.

そうなってくると,普段飲みたい飲み物も変わってくるわけで,
最近,めっぽう温かいコーヒーを飲みたくなるのです.
職場には冷たい飲み物の自販機はあるのですが,温かい飲み物に関しては,
1年通しておいてはいません.
ですので,何か暖かいものをのみたいなと思った時は,
給湯室のポットのお湯を使って何かを飲むことになります.

職場でばたばたと動き回っている状態から,少しでも落ち着いてデスクで仕事と
いう時には,やっぱりコーヒーがほっときます.
とはいっても,本格的なコーヒーを飲めるはずもないので,
もっぱらインスタント.

インスタントコーヒーはレギュラーコーヒーには香りなどで劣る部分もありますが,
仕事の合間に息継ぎという感じで飲むコーヒーは,本当にホッとします.

秋という季節は,身の回りのちょっとしたものでもおいしく感じます.
体重に気をつけて過ごしていかなければと思います.
[PR]
以前,山崎蒸留所へ行ってきたことをブログに書いたのですが,
それを「サントリー山崎蒸留所ブログ」にトラックバックしたところ
なんと,ブログキャンペーンで入選してしまいました.
それに気がついたのが,昨日サントリーから届いた小荷物を受け取った時.
何だろうと思いながら箱を開けてみると,中には山崎蒸留所の蔵出しシングルモルトが.
蒸留所でのみ販売している,樽のシリアルナンバーが書かれている小瓶でした.

いやはや,何だか嬉しいやら気恥ずかしいやら.
ウィスキーを飲んで,まどろんでみたいと思います.

サントリー山崎蒸溜所 工場見学体験記キャンペーン
[PR]
最近,色々なことに興味がありすぎるからでしょうか,
仕事が忙しすぎるからでしょうか,
考えたことや,「これは良い!!」と思ったことなどが,
どんどん頭から抜け落ちていくんです.
この事実,ものすごく自分としてはショックなんです.
どんどん頭から抜け落ちていくような感覚があって,
しかも,何か動作をしようとして立ち上がった瞬間に,
忘れてしまうというようなことも多く,
「どうしたんだろう!?」という感じなんです.

その辺のところをちょっと自分なりに整理してみると,
最近常にいくつもの事を頭の中で並列に置きながら
考え事をしていたり,作業をしていたりということが多いのです.
ですので,目の前でやっていることの他にも
気があっちこっちへと飛びまくっているという状況が
起こっているのだと思うのです.
自分の中でも,まだ意識的にこれを上手く整理する方法が見つかりません.

従って,頭の中に色々なアイデアなどが漂っているのですが,
これを上手くつかんで整理するという方法を見つけ出すことが出来ていません.
ここ数日前に,仕事中なのですがちょっとした空き時間が出来た時,
白いノートを眺めながら,とりとめなく頭の中にある言葉を書き始めたら,
色々な事について,何ページも一杯になるくらいつながりのない言葉が
出てきて,ビックリしました.

つまり,これだけのことをまとめることなく頭の中に押し込んでいる
状態だと言うことに気がついたのです.
その言葉のつながりには,糸口がありそうでない感じがあり,
そこがまた歯がゆかったりするのですが,
しかしそうやって目に見える形に頭の中のものを出してみると,
ちょっとスッキリしたような感じになりました.
そうやって,定期的に頭の中にあることを出していくという事って
大切なのかなぁと思った次第です.
頭の中にあるものを的確につかむことが出来ればなぁと,本当に思います.
[PR]
今年は11月に車検を控えています.
今日は,仕事を早く切り上げることが出来たので,ディーラーから
車検見積もりの案内が来ていたので,車を見てもらいました.

前回車検をしてもらってから2年近く立ちますが,その間に色々な制度が
変わっていることをそこで初めて知りました.
例えば,駐車違反の未納があれば車検が受けられないなんて,
初めて聞きました.(ぼく自身には関係ないことですが・・・)
それから車検代だけでなく,リサイクル料というのを払わなければ
ならないみたいです.

今乗っている車は,今回の車検で丸5年になります.
気に入ってのっているので,乗りつぶすつもりでいます.
乗りつぶすとはいっても,まだまだ走行距離も走っていませんし,
5年というのはまだまだ短いですからね.
この車,この先もまだまだ乗り続けることとなります.
大切に乗ることが出来ればいいなぁと思います.
[PR]
b0069720_20452486.jpg


Canon Power Shot S70 オート

夕方,観覧車に乗りたくなって,乗りに行きました(単純です・・・).
遊園地の乗り物の中でも唯一好きだったのは,観覧車.
最近は街中の色んなところに観覧車がボーンとそびえ立っていますね.
そういうところの観覧車に乗れるのが,また楽しかったりします.
[PR]
by ryuma75 | 2006-09-04 20:49 | Photo
今日から9月.
昨夜から降り続けた雨は,お昼までにはやみました.
雨が降り止んだあと,そこには秋の空が広がっていました.

昨日まで気温も30度を超すような暑い日が続いていましたが,
今日は,エアコンなしの我が職場でも寒暖計を見てみると28度.
涼しい一日を過ごすことが出来ました.

まだまだ残暑もぶり返しては来るのでしょうが,季節は確実に秋へと
移っていっていることを,心と身体両面で感じることが出来ました.

結構長時間雨が降っていたこともあり,空はにごっておらず
透き通った光が見えました.
空や光が作り出すこれからの風景,本当に好きなんです.

季節をエネルギーにたとえると,夏はバチバチっとはじけるように
ぶつかり合って熱が出ている感じ.
秋は,それぞれがおだやかにゆるやかに,そよそよと動いているような感じ.
そういう風に思うのです.

そういった季節に身をゆだねて,心も身体もノンビリと過ごせたらなぁと思います.
[PR]
今日,大阪ビジネスパークはシアターブラーバで「雨と夢のあとに」を見てきました.

この作品,原作は柳美里さん.
昨年,テレビ朝日でドラマ化された作品なんですが,
演劇集団キャラメルボックスが舞台化して,公演をしていたんです.

最近,演劇集団キャラメルボックスの舞台は小説を元にしていることが多く,
今回もそのパターンにあてはまると思います.
原作を読んでいても,期待を裏切らないのがキャラメルボックスという感じなんです.
いつもは,原作を読んでから舞台を見るというかたちなのですが,
こんかいは,そうではなくドラマも見ずに舞台を見るという見方をしました.

率直な感想を述べると,「すごく涙を流した芝居だった」ということです.
舞台の良い所は,生身の人間がそこで人生を描くこと.
今回の舞台では,福田麻由子ちゃんという12歳の子役が主役をしたんです.
映画「日本沈没」やドラマ「女王の教室」などで存在感ある役柄なのですが,
この子がこのお芝居で初舞台.

大人の男として見てみると,これがたまらなく切ないんです.
周りの役者がまたそれをしっかりと支えた舞台となっていて,
これまた,たまらなくなるんです.

今日が大千秋楽なので,このお芝居,とってもオススメなのですが,
もう二度と生で見ることが出来ないのです.
そのうちDVDが発売されることになるでしょうが,
DVDでは味わえない部分がやっぱりお芝居なんだと思います.

また,次の公演が楽しみです.
[PR]