<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

b0069720_1954155.jpg


Canon Power Shot S70

京都の古い洋館の中に一歩立ち入ると,そこに広がっていたのは
現代的なブティック.
外見だけにつられて中に入ると,少し驚いてしまいます.

逆に写真みたいな,元々の建築の造作が残っている所を見つけると
妙に落ち着くというか何というか.
[PR]
by ryuma75 | 2006-06-28 19:58 | Photo
b0069720_2315068.jpg


京都のガイドマップなどに必ず出てくるのが,イノダコーヒー.
建物を見ると,何だか雰囲気がすごくありますねぇ.
店の看板がコーヒーポットだけというのが,また自信を伺えます.

で,行ってきました.
三条通の三条支店の方ですが,それでも中にはいると行列が出来ていました.
どうやら,カウンターがお目当てのお客さんがカウンターがあくまで
待っていたようです.

テーブルがあいたので,こだわっていらっしゃるお客さんを横目に
テーブル席へ.

飲んだコーヒーは,この店の定番(らしい)のもの.
味は可もなく不可もなしという感じでしょうか.
京都を散策して,疲れた足を休めるのには,丁度良い休憩でした.
[PR]
b0069720_23473874.jpg

京都文化博物館別館(旧日本銀行京都支店)
Canon Power Shot S70

京都文化博物館の中にある,ちょっとした廊下.
なんだかこの重厚なつくりに,ピンと張りつめた緊張感を感じました.
「レトロ」という言葉で言ってしまうのがもったいないような
そんな気になるものが,京都という町にはゴロゴロあって,
興味が尽きないです.
[PR]
by ryuma75 | 2006-06-26 23:50 | Photo
今日から,また一週間が始まりました.

このウィークデイから,出来るだけシンプルに生活しようと思っています.
職場から帰ってきても,何だか仕事を引きずっているような感じだったのですが,
気持ちを切り替えて,家でいる時間を過ごすことが出来ればなぁと思うのです.

気分転換をするのには,心を落ち着かせることが大切.
静寂を心の中に広げて,ゆったりとした気持ちを持つようにします.
最近は,ストレスから少しアレルギー性皮膚炎の症状が出ているので,
お酒などで,ストレスを溶かすということも出来ません.

ひとまず,ゆったりと過ごすことで,心と身体に健康な原点をつくり
そうすることによって一日を終わらせると,リフレッシュできるような気がします.

こうやってブログを書くというのも,自分の心の状態を表すことになるのかも.
これもまた,大切な習慣なのかもしれません.
ブログを書く余裕を持って,今週一週間を過ごしたいと思います.
[PR]
b0069720_14251286.jpg


Canon Power Shot S70

町屋の軒先.
朝顔も背比べ.

いつも不思議に思うことが一つ.
それは,何故か格子にポスターが貼ってあったりすること.
京都を歩いていると何軒も同じようなのを
見つけました.
[PR]
by ryuma75 | 2006-06-25 14:29 | Photo

b0069720_22473327.jpg


Canon Power Shot S70

京都は京阪三条の夕暮れ.
ふと空を見上げた時,飛行機雲が一筋.
街の灯りと広い空が印象的で,シャッターをパチリ.
[PR]
by ryuma75 | 2006-06-24 22:54 | Photo
今日は,京都へ「印象派と西洋絵画の巨匠たち展」へ行ってきました.
場所は京都文化博物館

b0069720_22342819.jpg


ここで,ルノワールやミレー,モネなど印象派の絵画を見てきました.
駅などで貼られているポスターのルノワールの絵もありました.(当たり前か・・・)
印象に残っているのは,ルノワールの絵ではなく,
「漁師の娘」という絵でした.
もう写真かと見まごうばかりの写実的な絵.
印象派とはまた違った感じの絵で,ものすごく惹きつけられました.

また,印象派の絵の中ではモネの「睡蓮」.
大原美術館や色々な美術館で「睡蓮」を見たりしましたが,
今日見たものは,ものすごく淡い色遣いの「睡蓮」で
勝手に持っていた印象とは違うもので新鮮に感じました.

図録や絵を紹介している本を見るのと,実物を見るのとでは
やはり印象が全然違うというのをいつも展覧会に行くと思います.
色の見え方なども,やはり印刷などでは出ない部分もあったりして,
新鮮な気持ちで絵を見ることが出来ます.
また,絵の大きさというのも実物を見ないとわからないもので,
本などから勝手に想像していたものよりも,実物が小さかったり
大きかったりすることもあって,これまた,印象ががらっと変わる
そういうきっかけにもなったりします.

また,実物を見て一番思うことは,その絵を描いた作者が思い浮かぶこと.
筆遣い,絵の具の混ぜ具合,そういう所から作者がどういう距離感で
キャンバスに向かい,絵と対峙したのかということがどんどん浮かんできて
それが楽しかったりします.
どうしてこういう絵を描いたのだろうという興味もまた湧いてきます.

基本的には芸術に疎いのですが,実物を見ることによって
人のもつ発想力やメッセージ性というものに触れることが出来るような気がして
展覧会に行くのが楽しく思います.
[PR]
久々にカレンダー通りに休日がもらえたこの週末です.
2日間の休日というのは,何だか身も心も落ち着いてきます.
緊張感が溶け出していく感覚を感じます.

今日は,ちょっと遅いですが,お出かけをする予定です.
最近は休日は体調を整えるだけという感じが多かったので
お出かけできることで,ウキウキとした気分になってきています.

お気に入りのカメラも持ち出して,写真も撮ってきたいなぁ.
お天気も梅雨の中休みといった感じで,一日持ちそうなことを
予報が伝えていたので,ますますOK.
カンカン照りでもなく,雨空やどんよりとしたくもりでもなく
いかにも梅雨の時期のくもりという感じではありますが,
こういった天気の方が暑くもなく寒くもなく,ありがたいですね.

では,行ってきます.
(いつもながら余り中身がないなぁ・・・)
[PR]
お出かけをする時に,何が楽しみかというと,
写真をどのカメラで撮ろうかなと考えることです.

カメラを何台も持つと重たくなるので,当然ながら2台くらいにするのですが
目的によっても,カメラの種類というのは変わってきます.

2眼レフを持って行こうか,EOSのズームで写真を撮るか,
それともペンタックスの単焦点でじっくり写真を撮るか,
ハーフでパチパチどんどん撮っていこうか.
その日の気分によっても違ってきたりします.

また,どのカメラにどのフィルムを入れようかと考えるのも
迷い出すと色々考えてしまいます.
迷う時はヨドバシカメラのフィルムコーナーで,フィルムを選ぶのに
1時間くらいうろうろしてしまいます.

結局は,「えいっ!!」と気合いを入れて決めてしまいます.
好みのフィルムが決まってしまえば,それで良いのですが.
色々フィルムを使っていると,確かに個性があって,
それぞれ用途によって使い分けたいなぁと思ってしまいます.
ネガフィルムの場合,お手頃感ではコニカミノルタセンチュリア200を
よく使いますが,このフィルムはある意味素直な感じですね.
一時期コダックを使うこともよくありました.
安定しているのは富士かなぁと思うんです.
でも,富士はフィルムを出すお店によって本当に上手下手が
はっきりわかってしまうので,使うのに勇気が要ります.
せっかくのフィルムの性能を台無しにされたような気分になるからです.
まだ,品質が安定しているお店を近所で見つけていません.

どんな写真が撮れるのか,フィルムならではの写真の愉しみ方だと思います.
[PR]
by ryuma75 | 2006-06-23 21:52 | Mono
嫁さんのWindowsマシンの調子が悪くなっていた件ですが,
午後の仕事をつぶして,サポートセンターなどに電話をし.
作業した結果,何とか復活しました.

自分自身がしばらくMacを主として使っていて,Windowsの構造や
セキュリティ,OSやアプリケーションの手入れの方法など気に留めていなかった
部分が多くあったので,今回のトラブルはきつかったです.

僕が使っていたWindows95や98もよくトラブルを起こして
その度に仕事がストップするようなことが多々ありました.
こういったトラブルが嫌いでMacに乗り換えたのですが,
やっぱりWindowsを使うことがある限り,その手入れの方法など
情報をしっかり仕入れておかないと,いざというときに困るので,
また,Windowsの方にもアンテナを張っておかなければいけないかなぁと
思っています.

兎にも角にも,パソコンが直って良かった.
[PR]
by ryuma75 | 2006-06-23 20:37 | Mac & PC