<   2005年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

2005年もあと少しで終わろうとしていますね.
今,紅白歌合戦を見ながらこのブログを書いています.

今年一年,このブログ「ナガメル記」共々ありがとうございました.
年末というのは,一つの区切りをつける部分でもあると思います.
時には特別とかそうではないとか色々な意見もあると思いますが,
ぼくは,基本的にこういうその時その時を過ごせることに幸せを感じます.
ですので,生きている事への感謝という意味も込めて,一つ一つの区切りを
過ごしていきたいと思います.

「今年一年,漢字一文字で」というテーマで「素」という漢字を当てはめましたが,
何とか自分というものを見つめ,「素」を心に持って生きてこれたのではと思います.
紆余曲折は色々ありますが,まあこれはこれでここまで来たのだから,
本当に良かったと思います.

今年の課題,来年に持ち越しの部分もあったりしますが,
自分が出来ることを,一つずつコツコツクリアしていければいいのではと
楽観的に考えるようにしています.

皆さん,本年は誠に有り難う御座いました.
良いお年を!!
また年が明けても,当ブログをよろしくお願い致します.
[PR]
金八先生スペシャル,終わりましたね.
金八先生の撮影で使われていた学校,閉校になったらしいですね.
最近は少子化で学校がどんどん統廃合されていっているのが進んでいて,
どんどん学校が少なくなっているみたいです.

自分の出身小学校,中学校,高校といった学校は今でもありますが,
母校が無くなってしまうということがどんな感じなのか,全く想像できません.

社会の変化ということを考えていくと,規制緩和ということもあり
通学する学校の選択が自由になるかもというニュースが聞こえてきたりします.
そうすると,学校間で当然競争原理が働くわけで,それぞれの学校が特色を持って
個性化するという感じになるのでしょうか.
周囲の学校を見るに,学校それぞれ今も個性があるように思います.
それは,「子は親の鏡」という言葉があるようにその地域を作っている大人の
個性なのかもしれません.

しかしながら,競争原理が働くとそこには当然ブランド志向も出てくるだろうし,
逆に,地域から遠い存在の学校になっていくということになるかもしれません.
メリットとデメリット,あらゆるものには必ず両面が有るんだろうなとも思います.

今は知らないことばかりなので,えらそうに賛成・反対という風にいえません.
どっちがいいのか,真剣に議論をすることが大切なのかなぁと思ったりします.
新聞でもさらっと流すかの如く小さな記事でしたしね.
マスコミも実は無関心なのかもしれません.
[PR]
二つ続けてテレビの話題.
昨日のお昼前でしたか,NHK総合で「ボンジュール!フランス料理」
という番組が放送されていました.
丁度家の用事をばたばたとしていて,その休憩時間ぱっとテレビを付けてみると
放送していたのですが,これがとても面白かったです.
元帝国ホテルのシェフ,村上信夫が変えた日本の食卓について
これまでNHKに残っているVTRや取材したものを織り交ぜ,
服部幸應さん,小泉武夫さん等が登場してお話をしたものでした.

この番組の中で,ひときわ目を引いたのは「ハンバーグステーキ」
村上さんが「今日の料理」で昭和50年に紹介した料理を,
服部さんがリメークするという部分があったのですが,
ここの部分が何とも面白かったんです.
服部さんはおそらく再現するために元のVTRを見ていたのだと思うのですが,
物まねも面白く,その対比として当時のVTRがさらっと挿入されるという演出.
そして,何ともいえなかったのが出来上がったものの試食ですね.
服部さんとアナウンサーさんがとってもおいしそうにお食べになられるんですよね.
もう,お腹減りまくりです.

今日の料理が紹介してきたものというのは,こういうものを見るだけでも感じるのですが,
まさに日本の食卓を,反映して映し出しているんだなということです.
この間も土居勝さんの今日の料理が再放送されていたのですが,
その中に含まれる料理に対する思いや知識,愛情の深さ.
本物を普通の家庭でぜひ食べて頂きたいという信念.
これがすごく滲み出ていました.

僕自身,料理は好きなのでたまに作るのですが,
あのレベルというのはすごいなぁと思うのです.
ぜひ,自分のレパートリーに取り入れたいと思わせるものがあって,
とても参考になりました.ホント勉強になります.
[PR]
昨日の夜9:00からNHKで伊東四朗が主役をする推理ドラマ,
名探偵赤富士鷹が始まりましたね.
推理小説&ドラマ好きの僕としては,見逃せません.
シリーズものみたいなのですが,これアガサ・クリスティーの名探偵ポワロを
原作として,設定を日本に置き換え作ったドラマなのです.

NHKは名探偵ポワロもイギリスで製作されたドラマをきっちり放映しているのですが,
そちらの方は,古き良きイギリスがしっかりと描かれていてとてもいい感じなんですね.

で,今回のドラマ.
設定は昭和11年.戦前ですね.
昨日放映されたのは「ABC殺人事件」.
設定を日本に置き換えたことにより,若干無理も生じてはいますが,
出来としてはとてもいい感じに仕上がっているように思いました.

心憎い演出としては,ポワロの声を演じている熊倉和夫さんが出ていたこと.
あの声を聴くとどうしてもポワロを連想してしまって,少し苦笑い.
こういうお遊びが演出の中にあり,おそらくNHKのスタッフもかなり遊びながら
作ったのかなぁというのが伝わってきました.

これがどれくらいのシリーズになるか,それは視聴率次第なのかもしれませんが
じっくりと安心してみることの出来るドラマだと思います.
今日も放送がありますが,今日は金八先生を見ることになりそうです.
[PR]
お正月が目の前にやってきていますね.
お正月といえばおせち料理.
我が家でも,黒豆と数の子は無事に作り終わりました.

今年は近所の農協ストアーで,お正月向けの地場野菜が安く売られていたので
それを購入しておせちを作っていっているところです.
一番ビックリなのは,黒豆
地場産ということで,丹波の黒豆などブランドものよりもはるかに安く,
量も多いのですが,水と合うのかとってもおいしく出来上がりました.

大手スーパーには全国各地のものがそろっているのですが,
灯台もと暗し,すぐ近所のこういうところで実はいいものが手に入るということを
知ることが出来たのがとても嬉しく思います.
[PR]
あっという間に一年が過ぎていきました
今年も残すところあと二日余りとなってしまいました.
年齢を重ねると,どんどん時間の経つのが早く感じられて仕方ありません.
まだ正月さえ来ておらず,一年の終わりの作業が目の前にあるというのに
もう,正月休み明けの仕事のことが頭をよぎってしまいました.
気が早いというか何というか.
一日一日もうすこし気持ちに余裕を持って生きていくことが出来ればいいのですが,
少し未来をすぐに見てしまいます.

僕の悪い癖は,先のことを考えてしんどくなって疲れが出てしまう状態.
精神的なストレスなのかもしれませんが,それがどうしても出てくるんですよね.
気持ちの切り替えが大切といいますが,どうやって気持ちを切り替えると
スッキリするんでしょうね.
一日一日悔いの無いようにすることは大切なのは解っていますが,
毎日自分の目の前にあることをコツコツこなしていくだけれでも
「大変だなぁ」とついついため息をついてしまいます.

今,この正月休暇を上手く使うことによって,その精神的な疲れを
ぜひ落としたいなぁと思います.

あと,数日間の休暇.
年末の忙しいのをさっさと乗り切り,早く「ぼけー」っとしたいです.
[PR]
b0069720_1355287.jpg

(嫁さんが携帯で撮影した写真.上手くきれいにとれていてすごい!!)

新潮文庫をたくさん読んでいくと,グッズがもらえるYonda?CLUBというキャンペーンがもう大分前からあったのですが,今年の夏にようやく50冊に到達し応募したんです.
その夏に応募したものが,ようやくこの年末に届きました.

応募したのは,Yondaリストウォッチ.
Yonda?のイラストが描かれている箱の中に入っていました.
とてもいい感じの腕時計で,大変喜んでおります.
これは今回嫁さんへのプレゼント.

このキャンペーンも2008年9月で終了みたいなので,それまでにぜひもう50冊ほど本を読んで,また何か応募しようと思います.
[PR]
万年筆で年賀状の宛名書きをしていたのですが,
そのまま裏面(絵や文章を書いている方)を万年筆で書こうとしたら,
ペン先が全然滑らず,なおかつインクがどんどんにじんで行くではありませんか.

インクジェット紙に万年筆は使えないということを身をもって体験しました.
こういうタイプの紙は,油性ボールペンが一番使いやすいということを
更に追体験致しました.

早く年賀状を仕上げてポストに入れなければっ!!
[PR]
by ryuma75 | 2005-12-27 23:47 | Mono
b0069720_2332690.jpg


以前ブログで書き込んだことがありますが,この写真に写っているノートが
色々アイデアを書き込んだり,デジカメの写真をプリントアウトして貼り付けたり,
また,新聞記事を切り取って貼り付けたりしているものです.

使っているものは,無印良品の書籍本ノート.
左側のデニムのブックカバーが付いているものは,それの初期のものなんです.
今無印のお店で売っている書籍本ノートにはこのブックカバーが付いてきません.
付いてこないのならでは別に購入しようと思ってもカタログから落ちていて,
商品自体が無くなっています.

初めて使い出したのは2年前なのですが,そのころはこのノートをなかなか使いこなせず
結局は2ヶ月程度で10ページほど使い,そのままほったらかしになっていたのですが,
色々気になる情報や思いついたことを書き留めるのにこれを利用し始めてから,
とても使いやすいことに気付き,愛用するようになっています.

使う筆記具は,基本的に万年筆を用います.
枕元で寝そべりながらこれにアイデアを書いたり,日記みたいな事を書いてみたり
ということをするので,ノートの紙の面に罫線や枠,方眼などが書かれていると,
どうしてもそれからはみ出て気持ち悪いんです.
このノートは無地なのでそういうことを気にしなくても良く,本当に気楽に使えます.
紙の質は再生紙で薄く,インクが結構にじんでしまいがちになるので,
裏写りしてしまうんです.
ですので文字を書くのは右のページ,左側は写真や新聞記事を貼り付けて使っています.
切り抜きなどが多い時には,右のページにも貼っていったりします.
今売っているものは,紙の質も少し向上し,張りがある感じで色も少し茶色味を
増した紙になりました.

本格的に使い始めて2ヶ月程度になりますが,自分を助けるノートへと
成長していっているような感じになっています.
このノートが更に成長していって,次のノートにバトンタッチする日が来るのを
楽しみにして,今どんどん書き込んでいっています.
[PR]
by ryuma75 | 2005-12-27 23:22 | Mono
もう皆さんは年賀状をお書きになりましたか?
年賀状,嫁さんがイラストがとても上手なので,
今回の年賀状はその絵を使って,嫁さんがフォトショップで年賀状を
作って印刷してくれました(これがすごくかわいらしいんです).
ですので,その出来ている年賀状に宛名書きをしなければいけないのですが,
嫁さんはとっくに特典応募期間中にポストへ投函していました.
少し焦りだして,時間をつくり,只今までせっせと宛名書きをしておりました.
おかげでこんな時間になってしまいました(現在の時間は午前1時32分).

ここ数年,余り多く年賀状を出していなかったのですが,
今年はあの人もこの人もと宛名を書いていると年賀状が足りなくなってしまいました.
ですので明日年賀状を買い足して,印刷をし,
更に宛名書きをしていかなければと思います.

ボチボチ遠方への年賀状は投函しないとお正月に到着しなくなってしまいますよね.
ちょっと焦っております.
明日(というか今日ですね)もさっさと仕事を終わらせて頑張ろうと思います.
[PR]