<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

b0069720_22162246.jpg


町中の樹木も最後の紅葉です.
山の方よりは遅い目の紅葉ですが,
空気が澄んでいると,これはこれできれいです.

さて今日で,11月も終わりですね.
いよいよ明日から師走です.

年末進行の仕事の方もさっさと終わらせて,
忘年会など,おいしいお酒を飲みたいものです.

それにしても,年を取れば取るほど,一年が過ぎていくのが
早く感じるのは何なんでしょうか.
それだけ,一日一日充実している証拠なのかもしれませんが,
このまま行ってしまうと,やりたい事をやりきる前に
おじいさんになってしまいそうで,焦ります.

でも,着実に一日一日を過ごしていくしかありませんね.
頑張りましょう.
[PR]
by ryuma75 | 2004-11-30 22:24 | Photo
b0069720_2401035.jpg


昨日は55人もの方がこのブログを見てくださいました.
ただただ感謝するばかりです.

本日は,仕事が年末進行となってきて,
非常に遅い時間にブログにつないでおります.
もっとゆとりを持ってできればとも思うのですが,
仕事が立て込んでくると,そうも行きません.

さて,今日の写真は先日新神戸オリエンタル劇場へ行った時に
オリエンタルアベニューに飾ってあったツリーです.
神戸という街は本当にこういうのが似合いますね.

思い返せば地震のあとの神戸は,本当に暗闇が広がっていましたね.
その後のルミナリエは,本当に夜の明かりの暖かさを
感じる事ができた記憶があります.
そんな震災からもうすぐ10年.

中越地方の方,北海道釧路地方の方
お見舞い申し上げます.
希望の光はすぐに手にはいるなどと無責任な事は言えませんが,
でも,希望を持つ心は失って欲しくないです.
頑張って欲しいと思います.
[PR]
本日,ハウルの動く城を見に行ってきました.

まだ,公開されてから日が余りたっていないので,
ストーリーに触れるのはやめておきたいと思います.

が,少し期待しすぎていたのかもしれません.
もしくは,今日座った席が悪すぎたせいかもしれません.
(チケット売り切れ寸前で,劇場の一番最前列中央だった.)
うーん,「むっちゃ満足」と手放しで言えるかというと,
なかなかそうは言えません.
しかし映画館より帰ってきてからもうだいぶ時間がたつのですが,
じわじわと感じるものがあります.

ですので,もう一回劇場へ足を運んでみようと思います.
(魅力ある作品に仕上がっています,やっぱり)
これが,第一インプレッションです.
[PR]
映画のチケットを買ってから,だいぶ時間があったので
そばのデパートへ入っていくと,北海道物産展を
ちょうどやっていました.
b0069720_0321519.jpg

いやいや,本当に凄い人だかりでした.
右も左もおいしそうなものばかり.
興奮しすぎて,少し疲れてしまいました.

More
[PR]
b0069720_10134218.jpg


先週の嵐山の写真です.

More
[PR]
by ryuma75 | 2004-11-28 10:19 | Photo
b0069720_23364529.jpg


前に書いたヤシカの二眼レフで撮影した夕日です.
ドライブで海沿いを走った時に撮影したものです.

空も海もとてもさわやかな日でした.
空気がとても澄んでいて,それが写真にでればいいなと
思ってシャッターを切ったのですが,
まずまずだと思います.

追記
ネガフィルムをフィルムスキャナーでスキャンしました.
ファイルサイズは落としましたが,基本的には
何もいじっていません.
[PR]
by ryuma75 | 2004-11-27 23:40 | Photo
b0069720_2144956.jpg


今さっき,クリスマスツリーを出しました.
きらきら光るツリーを見ていると,
落ち着きます.

部屋を少し暗くすると,ツリーの光が部屋を包み込んで,
少し,違う世界に来たような気分にもなります.

何にでも楽しくなれればそれに乗じて楽しんでしまうという
典型的な日本人の姿かもしれませんが,
部屋にツリーを置いて眺めて楽しむというのは,
一つの安らぎのような気もします.
[PR]
by ryuma75 | 2004-11-27 21:38 | Photo
b0069720_19595241.jpg


さっき,ミスドに行きました.
ポンデリングを食べたのですが,
この食感,かなりはまりますなぁ.
ポンデリングをたべていると,
コマーシャルでポンデライオンが「モチモチ」
良いながら食べている姿と声がフラッシュバックします.

でもこのメニュー,当たりはずれが多いんですよね.
今日は1勝1敗でした.
[PR]
PLUTO (1)
浦沢 直樹 / 小学館
スコア選択: ★★★★★



先日,本屋でこの本を見かけたので,購入し読了しました.
前々からビッグコミック系(?)で連載されているのは
知っていたのですが,基本的に漫画雑誌は買わない事にしているので,
単行本になってから購入するつもりではいたのです.

この漫画の下敷きは,手塚治虫さんの鉄腕アトムなんですね.
今回購入した本には,本歌取りをした手塚さんの原作も
付録としてついていました.(付録付きとは懐かしい)

どちらも読みました.
はじめにPLUTOを読み通し,手塚さんの原作を読んで,
そしてまたPLUTOを読みました.

はじめに浦沢さんのPLUTOを読んだ時は,
鉄腕アトムが一体どこに出てくるのかという気持ちが有りながら,
しかし,これはロボット世界が広がった時に
こんな世の中になるのかなという感じをもって読みました.
最後に登場したアトム君も,人間の子供姿として登場していますね.

手塚さんの鉄腕アトムは,まさしく鉄腕アトムの世界が広がっていて,
いかにも少年漫画!!という世界が描かれていました.
鉄腕アトム自体が,とてもテンポが速いし,内容も豊かで,
とても,懐かしい感じがしました.
ロボットはロボットらしい姿をしているし.

さて,鉄腕アトムをよんだところで,PLUTOの結末みたいなものは
見えてきているのですが,
再び浦沢さんのPLUTOを読んでみると,
まず,よくここまで話をふくらます事ができたなぁという気持ちが
わいてきました.
しかも,まさしく現代の漫画という感じの作品になっています.
手塚さんの原作は,漫画界では古典なのかもしれません.
(古典といっても,優れているからこそ読み継がれるのです)

今後の展開がどうなるのか,2巻の発売が待ち遠しく感じます.
[PR]
日本一周ローカル線温泉旅
嵐山 光三郎 / 講談社
スコア選択: ★★★★★

ローカル線おいしい旅
嵐山 光三郎 / 講談社
スコア選択: ★★★

嵐山光三郎さんのこの2冊の現代新書を読んでいると,
無性に旅に出たくなります.
しかしながら,そんな暇は(それに付随するお金も)全然なかったりするわけです.

でも,いつかはのんびり一杯やりながら列車の車窓を眺めて,
日本中あちこちを旅する事ができればいいなーと思います.
[PR]