カテゴリ:Taste & Hobby( 8 )

先週土曜日の深夜に放送されたNHKトップランナーという番組をようやくみることができた.出ていたのは,映画「めがね」「かもめ食堂」の監督をなさっていた荻上直子さんという女性.いやはや,いったいどうやったらあんな映画が作られるのかと言うことに興味があったから.

実は,「かもめ食堂」を見て以来,無性にシナモンロールを食べたくなるようになった.おそらく,映画のなかのシナモンロールが焼き上がるのを見て,またそのシナモンロールを現地のフィンランド人がおいしそうに食べるのを見て,何か脳の中に刷り込みが出来たらしい.

本当に無性にシナモンロールが食べたくなるんである.

映画のなかのこだわりとして「たべもの」を挙げておられたが,まさにそのなかへと引きずり込まれている気がする.まだまだ見ていない映画もあるけれど,本当にさらに見てみたい気になった.

さらにおいしい食べ物にありつけることも,欲求のなかにすり込まれた気がした.
[PR]
クロスオーバーイレブン.

只今,NHK-FMで放送しています.

津嘉山さんのナレーション,渋い選曲.

なつかしいぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!

今週と来週,放送されるみたいです.

一日の終わりは,この落ち着きの中で終わるべきですよ.

深い眠りにつけそう,そんな感じがします.
[PR]
世の中には,こんな雑誌が出ています.

鉄道模型趣味 2010年 06月号 [雑誌]

機芸出版社

森博嗣さんの投稿記事が出ています.




知る人ぞ知る,「鉄道模型趣味」という雑誌.
この雑誌を知ったのは,小学校2年生の頃.
地域の図書館へほぼ毎日通うようになった頃に知りました.
今からおよそ30年近く前(もうそんなになるのかぁ・・・)です.

地元の図書館で出会ってから,雑誌は立ち読み程度ではありますが,
ずっとチェックするような感じで見てきていたように思います.
小学校の頃には,友達のお父さんがレイアウトをまさしく自作しているような
人もいたりして,とっても鉄道模型というのはあこがれの存在でした.

今月号と先月号には,大好きな小説家森博嗣さんが記事を投稿しておられます.
元々は工学部の先生ということで,やはり研究者然とした記事の内容になっています.
ジャイロモノレールを趣味で研究し,その事についての記事になっているのですが,
趣味を突き詰めて行くことのおもしろみというのを本当に感じます.

ジャイロモノレールの動画はユーチューブでも見ることができます.
本当にすごいなぁの一言です.

もう少し日常が平穏な感じならば,鉄道模型を趣味にしたいなぁと
本当に思う次第です.
[PR]
 先日,Wiiを購入した話を書きましたが,ホント毎日楽しく遊んでいます.食後にちょこっと気分転換という感じでしょうか.食後ゴロゴロするよりもはるかに健康的だと勝手に思っております.

 遊ぶといってもそんなに長時間出来るわけではありません.大体仕事から帰ってきて,食事を作り,それから食べてとなると,既に時間は午後10時.こんな時間から何時間も遊べるわけがありませんので,30分ほど体を動かすわけです.本当にストレス解消になっています.

 そうそう,ストレスといえば,昨日のことですが心の持ち方がすっと変わった瞬間があって,それ以来とても心が軽くなりました.これまで人生に否定的に考えていた部分が多々あり,またそれが引け目となって他人と比べてしまい萎縮してしまうような心理状態によく陥っていました.でも,そんな風に考えても,過去を取り戻せるわけではないんですよね.その時その時,自分らしい生き方をしてきたんだなぁとしみじみ思えることが出来たんです.そうすると,いろいろな人の人生とを比べ,卑屈になっていた自分の姿はなんておろかなんだということに気付いたんです.今の自分はしっかりと生きていってるではないか,と.

 ということで,ストレスをためにくい心の状態になっているということで,仕事が始まって何日か経ちますが,俄然気持ちは軽い状態で生活することが出来ています.

 明日は,年始の得意先回りがあって,チームの若い者を連れて歩かなければなりません.年始回りははじめていく後輩なので,粗相の無いようにとは思うのですが,後輩はこの1年で立派に成長し,仕事もバリバリ頑張っているので,大丈夫だろうと思います.
 明日のために,そろそろ寝ようかな(あっ,もう既に日付が変わってた・・・).
[PR]
 カラオケに行ってきました.

 久々に歌うので,声の出し方を忘れてしまっていました.

 歌を歌うのも,音が外れまくって音痴になっていました.

 昔に比べて,音楽を聴く時間も少なくなっていたのが,影響したのでしょうか.

 人間,遊びでも何でも,物事から離れていると下手になるということを身をもって経験しました.
[PR]
トヨタのプリウスが,売れに売れまくっていて,今から注文しても来年にならないと納車されないという凄い人気になっていますね.ホンダがインサイトを売り出して,これまた値段もお手頃感が有り,これまたそこそこ売れているというのがあるみたいですが,そんなホンダから来年に2種類のハイブリッドカーを出すことが決まったとの報道が.

一つはスポーツカー,もう一つはフィット.
初代ホンダフィットに乗っていますが,数あるコンパクトカーの中でも燃費に関しては一番だと思うのです.トヨタ,マツダ,日産,スズキなど色々なメーカーの1.3リットルクラスのコンパクトカーで,燃費に関してはホンダが一歩リードしているでしょう.そのホンダのフィットにハイブリッドが乗るというのだから,どんな車になるのやら.

今乗っている車のエアコンの調子がやっぱり悪いのと,来年に丁度車検があるので,今からとっても気になる車になりました.値段もインサイトより高くなることはないと勝手に思っているのですが,どんな感じなんでしょうね.
[PR]
新しくブログのカテゴリーに趣味というものを入れようと思いました.
しかし,そのまま「趣味」という言葉を使うのは,なんか味も素っ気もない感じがしたので,
学がないので,和英辞書で「趣味」という言葉を引いてみました.

そうすると,趣味という言葉は普段知っている英単語ではなかったのでびっくりです.

“taste” 

これが一番はじめにきていた意味でした.
趣味というのは人間の味を表しているのでしょうか.
では,普段何気なく使っていそうな“hobby”はどういう意味だったかというと
「道楽」でした.
確かに趣味というのは,日本人の場合,道楽なのかもしれません.

ちなみに,辞書を眺めていると,「趣味がない」というのを英語では,
〜lessという否定詞を使って表す単語だけでなく,
“dry”という単語を用いて表すみたいです.

人間趣味がないというのは,心の中が乾いてしまっているという事なのでしょうか
面白いですね.
[PR]
森博嗣の浮遊工作室というサイトをいつも気にして見に行きます.
ここは,某国立N大学の先生で作家もしている,森博嗣さんのホームページです.

このサイトで,特に気になるのが「機関車制作部」と名付けられている部分です.
このサイトのこのページは,既に2冊の本になっていて
書店でも新書コーナーで,結構平積みされていたりしています.

さて,僕自身森博嗣さんの本は,このサイト関係の舌の2冊以外,
ミステリーの類の本は読んだ事がありません.(おいっ!!)
でも,本を読まなくても,このホームページを眺めていると,
森博嗣さんの人間性というものが見えてくるような気がします.

実は,僕も小さい頃から鉄道がすきなので,
こういった広い庭に模型で鉄道を施設してしまうというのは,夢だったりするわけです.
森博嗣さんは,それを夢ではなく,しっかり実現してしまうという事が
すごいなぁと思ってしまいます.
それにしても,うらやましく思うのは僕だけでしょうか.

ミニチュア庭園鉄道―欠伸軽便鉄道弁天ヶ丘線の昼下がり
森 博嗣 / 中央公論新社
スコア選択: ★★★★★





ミニチュア庭園鉄道〈2〉欠伸軽便鉄道弁天ヶ丘線の大躍進
森 博嗣 / 中央公論新社
スコア選択: ★★★★★
[PR]