筆記具,ローラーボールに思うこと

インクを小さなボールの回転によって紙の上に移し,それによって線を書いていく筆記具をまとめて「ローラーボール」と言われています.
昔はこういった筆記具は油性のボールペン(いわゆる普通にどこにでもあって,役所などの窓口においてあるボールペン)しかなかったように思いますが,最近は色々な種類が増えてきていますね.水性の液体がそのままは行っているタイプのものや,ゲルインキと呼ばれる少し粘性を持ったもの,顔料の色素が入っているもの等々.

それぞれにメリットがあって,しかしながらデメリットもあったりするわけで.
この痛し痒しの部分があるから,色々と筆記具を試してしまうことになるのかなぁと思うのです.メリットデメリットが一番はっきり出てくるのは,やっぱり字を書いていく紙との相性でしょうか.

一番多く使う紙は,職場で用いるPPC用紙,いわゆるコピー用紙ですね.それから,ちょっとしたことをメモするのに用いるのはコクヨの測量野張スケッチブック.そして,最近アイデア帳として使っているのはモールスキン.ちょっと前までは無印の書籍版ノートを使っておりました.

こうやって書き出してみると,どれもこれも紙の材質が違うんですよね.
例えば,コクヨの測量野張はSARASA0.5と凄く相性が良いんです.とってもさらさら書けるんですよね.PPC用紙にもまあまあの感じで書けます.しかしながら,SARASA0.5をモールスキンで使うと,紙の表面のざらつきでものすごく引っかかるんですよね.で,0.7mmのものを使うと,今度はインクがなかなか表面から乾かず,書いてすぐにノートを閉じてしまうと,次開いた時に反対側のページにインクの転々がついてしまっているんですよね.
そうなってしまうと,余りモールスキンを使いたくなくなってくる感じがしてしまいます.

油性ボールペンをモールスキンで使うと,インクの粘性が高いのと結構早く乾くのでこれはこれで相性が良いです.しかしながら,測量野張に書き込んでいくと,今度は表面を滑りすぎて小さい紙の表面に上手く書き留めることが出来なかったりします.また,線が細くなりすぎて文字が薄く見えてしまうんです.インクの色が濃くないのでしょう.最近のゲルインキは顔料インクを使っているために発色がとても良いんですよね.それとボールペンを比べてしまうと,どうしても見劣りをしてしまいます.

普段使いのペンで,どれを使うかによって色々と悩んでしまっているんです.
それもこれも,自分の使うノート類の紙質が全然違うことが原因なのですが・・・
しかし,これを一気に解決してくれそうなのが,まえに書いたJETSTREAMかなぁと思うのです.油性ボールペンでありながらそこそこの発色となめらかさ.
これは両方で使えそうな感じがあります.
しばらくこれを使ってみようと思っています.
[PR]
by ryuma75 | 2007-01-07 23:07 | Mono