マイクロソフトアクセス

さっきのブログ記事で,一日研修と書きましたが,
今日は,マイクロソフトアクセスのソフトを利用する研修を受けました.
勤務先は,様々な種類のデータを扱うのですが,未だに,データベースは紙や書類といった類のものをファイリングして利用しています.

今の勤務先の規模では,まだ小規模という事もありこれでもいけるのですが,このご時世,事業の効率化という事もあり,隣と合併する事になったわけです.そうすると,これまでの狭いところに2つの仕事場の書類が収まる事になるわけで,ただでさえ狭いのに,更に狭くなるだろうという事で,データをデジタル化しようという事になったわけです.

そこで,データベースソフトの登場という事で,アクセスに関する研修が
行われる事になり,参加してきました.

これまで,簡単なデータはエクセルなどで扱っていたのですが,
アクセスというのは,上手く使いこなすと便利そうだなという事はわかって帰ってきました.
ただ,誰が一体データベースを構築する基礎的なものを作るのだろうと考えてしまいます.
今日の研修では,確かにアクセスを使うと効率的に様々なデータを
一元管理する事が出来るのですが,
この元になるものを外注で頼むにはお金がないという事で,
勤務先の誰かがする事になるわけですね.

ここまで文章を書いていて,なんだかぞっとしてきました.
もしかして・・・

誰か,何とか簡単にデータベースを構築するコツをおしえてください!!
(とは言っても,コンピューターって自分でやってみるしかないんですよね・・・)
[PR]
by ryuma75 | 2005-01-05 18:13 | Work