「コクリコ坂から」を観ました

映画、「コクリコ坂から」を観に行って来ました。

スタジオジブリの長編映画は、特に宮崎駿さんが監督をつとめたものの映画には、共通点があるように思います。

それは、登場人物の人生が見えるという事。

例えば、トトロに出てくるサツキとメイの二人は映画が終わってもまだまだいろいろありそうだと感じさせるものがあるんです。
主役ばかりでは無く、脇役のカンタも隣のばあちゃんも、全てが生きているんです。
これはラピュタでも、ナウシカでも、もののけ姫でも、どの映画にも当てはまる余韻だと思うんです。だから何度観ても飽きないんだろうなと。

今回、宮崎駿さんの息子さんである吾朗さんが監督をつとめました。そういう「ジブリの映画」という観点からすると、だいぶ力がついて来たのだなぁと感じる映画になっていました。

NHKの特集で親子ふたりの密着番組が放送されましたが、今回の映画の出来具合がその映像からも観て取れたような気がします。

それは番組最後の宮崎駿さんの一言に集約されているのではないでしょうか。

「おびやかしてみろ」

負けず嫌いだから出た発言ではないようにかんじました。

その言葉の意味が体現されるのは、今度の新作ではなかろうかと思います。
[PR]