シラノ・ド・ベルジュラック

キャラメルボックスの公演に行ってきました.
今回は,「成井豊の世界名作劇場」と銘打っている公演.
従って,普段のキャラメルボックスとはちょっと毛色の違うものでした.

しかしながら,この公演を見て感じたことは,「キャラメルスピリッツ」とでも言えば良いのでしょうか.チャレンジ精神あふれる舞台でした.

シラノ・ド・ベルジュラックはかなり古い戯曲ではあるみたいですが,これを阿部丈二さんが見事に好演!!本当にすごかったですよ.演出の成井さんが阿部丈二さんを指名したのもうなずける話.期待以上のものになっていたのではないかと思います.

今日は,千秋楽と言うこともあり挨拶がありました.阿部さんがそこで胸の内をストレートに表現されていたのがとても印象的です.いつもはムードメーカーに徹しているのか,場の雰囲気をしっかりとつかみながらの挨拶をされていただけに,今日の最後の最後,本当に胸にじーんとくるものがありました.

製作総指揮の加藤さんが,「新たな地平に立つのでは」というようなことをおっしゃられていたような気がしましたが,まさにその境地に見事たてているのではと観客席から見ていて思った次第です.

さあ,今度はキャラメルボックス往年の代表作です.これもまた楽しみです.
[PR]