久々のキャラメルボックス

b0069720_22302428.jpg

今日は、久々に新神戸まで出掛けてきました。キャラメルボックスのスプリングツアー、「Bye Bye Blackbird」の公演があったからです。

公演前は、久し振りに見に行くお芝居だけに、気持ちは高ぶるばかり。

これまでとはまた違うキャラメルボックスのような気がしました。それは劇場に一歩足を踏み入れ、舞台を見た瞬間に直感したこと。実際始まってからも、これまでのキャラメルボックスの演出手法とは違うところが多々。良い意味で考えると刺激的、かつ新しいキャラメルボックスの模索のような感じ。
しかし、長年のキャラメルボックスファンからしたら、いつもの作りとの違いにやっぱり戸惑いはあったかなぁと。

あと感じたことは、このお芝居は大化けしそうなポテンシャルが有ると思うんです。長い時間をかけてストーリーを展開するテレビドラマにしては思うんですが、いかがでしょうか?ただ、こういったドラマは、民放よりもNHKなんかの方が合いそうな気がします。

ただ、その時も音楽は是非ともAirを使って欲しいです。これは選曲の妙でしょう。大作に化けるような気がするのですが。

何年後か、またじっくり見たいと思う作品だと思います。
[PR]