職場のネットワーク

とうとう職場のコンピュータが切り替わり始めました.まだまだ問題が山積みなんですが,なかなかその議論に乗っかってくれる人がいなくて,文句ばかりが多い状態です.コンピュータをネットワーク上で管理するとなると,これまでとは違った事が当然出てきます.

メリットとしては,情報を一元管理できること.
セキュリティーが強くなること.
書類やプレゼン資料といったものをどこでも利用できるということ.

この辺は,導入されるパソコンのスペックが統一されていることと,職場のどの部屋でも同じ環境でサーバーにアクセスすることができるということが便利さを生んでいます.

しかしながらデメリットもあり,
これまで通りにUSBを介してファイルのやりとりができないこと(ネットワーク上でファイルを管理するということでセキュリティーを高めていることから,この動作を根本的に行わないというのが使用の前提になっている),端末の台数が,職場の中心的な部屋に絶対数が少ないこと(個人持ちのマシンをライセンスの関係でネットワークに接続できないため)などがあります.

また,明日SEさんと話し合い,細かい使用についてどのくらい要望が通るかということを意見交流することになっています.おそらくこのままだと,職場の人の反発が大きくなると思われるのですが,便利になると不便になるところが出てくるというのも事実で,その辺をどのようにバランスをとるかということが明日の課題です.

なんか,人の仕事の調整をするというのはなかなかしんどいものがありますねぇ.どれかの意見を通そうと思うと違う意見に目をつぶらなければ行けなくなるということが生じます.ある意見を通さないと決断するには,それがいかに合理的であるかということを述べなければ誰もが納得してもらえるようにはなりません.ということで,そのあたりのこともSEさんから知恵を拝借できればと思います.
[PR]
by ryuma75 | 2010-03-18 01:00 | Work