自宅のXPをメンテナンス

昨日から確定申告の書類を作るために久々にXPを使っていたのですが,もう本当に動作が鈍くて鈍くてすごかったんです.ということで,XPをしっかりとメンテナンスすることにしました.

まず,もしかしたらキャッシュがすごく貯まっているかもしれないと思って,ディスククリーンアップを行ってみると,やっぱり.700MBほどゴミファイルがたまっていました.まずこれをしっかりと除去.

それから,ほとんど使っていないソフト類もかなりアンインストール.元々が富士通の居間向けマルチパソコンだったので,本当にいろいろとバンドルソフトが入っているんですよね.でも,起動の度にいろいろと動かなければ気が済まないような設定になっているので,いっそのことそのあたりもきれいに整理してどんどんアンインストールをかけました.
そして,もしかしてディスクが断片化しているかなぁと思ってデフラグを立ち上げ診断してみると,真っ赤っか.つまりはほとんどのファイルが断片化している状態だったんです.ということで,すぐさまデフラグをかけることに.これがすごく時間がかかるかかる.いろいろと3時間ほど仕事などばたばたしていてぱっとディスプレイを見てみると,まだやっている.いったいどれだけ断片化していたのか・・・.
およそ5時間のデフラグで,断片化は解消しました.その後再起動してみると,なんと動作の軽いこと.無駄にハードディスクにアクセスしている感じがなくて,従来比50%の時間短縮という感じです.

ついでなので,プリンタドライバなどエプソンからめーるがきていたのをおもいだしたので,バージョンアップなどしました.これで,またしばらくはがんがん使えると思います.

基本的に何でもマックで済ますことができれば,こんなストレスはないのですが,やっぱり仕事上であるとかインターネット上で何かをするときに,Windowsの環境に合わせて作られているものが多いので,手元にWindowsマシンはおいておきたいんですよね.というか,マックにOSを購入してきてブートキャンプを使ってインストールすれば良いんですけれどもね.OSを購入するなら,先にメモリを増設したいなぁと考えているだけに,なかなか食指が動きません.

Windowsが必要なときは,家用のXPを使っていけばと再認識した次第です.
[PR]
by ryuma75 | 2010-03-08 22:29 | Mac & PC