アインシュタインと脳の仕組み

最近,通勤の電車の中で読んでいた本を読み終わりました.
その本がこれ.

あなたにもわかる相対性理論 (PHPサイエンス・ワールド新書)

茂木 健一郎 / PHP研究所

スコア:



相対性理論というと,なんだか難しい印象がありますが,茂木さんがとてもわかりやすく解説しています.ただし,わかりやすいといって文系の人が読んだときにどれだけ理解できるかは「?」がつくかもしれません.理系出身の人間が中学・高校・大学時代に勉強したニュートン力学などの基本的なことを思い出す必要があるからです.とはいっても,そのあたりに関してもかなり優しく述べられており,アインシュタインが考えた相対性理論との対比がはっきり解るようになっています.
茂木さんの本というと,どうも硬い文章が多い印象があるのですが,この本に関していえば,そういう印象は全くありません.その理由は後書きに書いてありました.養老さんの「バカの壁」と同じように後述したものを編集者が文章にし,それを元に原稿を書いてあるという形みたいです.茂木さんにしろ養老さんにしろ,このタイプの本はとても読みやすくなりますねぇ.ただ,やっぱりお二人の良いところは骨のあるところだと思いますので,こういうタイプの本だけでなく,普通の著作も是非読めればと思います.

それにしても,茂木さんはアインシュタインのように脳科学に関して大きな変化を作りたいという気持ちが強そうですね.これまでの科学で信じられているものをもう一度根底から見直して,今現実に起こっていることを単純明快な数式に仕上げることができないかということにチャレンジしている様子が,この本からびしびし伝わってきます.

普段の仕事の中でも,大きな変化を生み出す新たな発見というものが隠れているのかもしれません.その答えを導き出すには,常にいろいろなところにあらゆる角度でもって視点を持ち,論理を組み立てていくことが必要なんだろうなと思います.そういう視点を持つためのヒントになるのが,茂木さんにとってアインシュタインだったと.普段の仕事の中でそういう視点を持つきっかけとなるものを,この読書で得ることができたと思います.
[PR]