1月17日

 あの日から15年が過ぎてしまったんですね.

 ひどい揺れの中で,もうだめだと思ったことを思い出します.

 電話もつながらなくなり,周りの人と話をしながらも,
 遠くにいる家族のことを心配する気持ちでいっぱいだったことを思い出します.

 本当に怖かったです.

 あれ以降,夜中に地震が起きるときなども,揺れ始める何秒構えには必ず目を覚ますようになりました.

 これからくるであろうといわれてる大地震で生き残ることができるかどうかは正直わかりません.
 生き残ることができるように,今から備えておくべきことは備えておくにこしたことはないです.
 生き残ったときに,迅速に行動できるように心の準備はしておくべきです.

 1月17日は大きな教訓を残しています.
[PR]