本当に一時期夢中になったもの

 車のレースというと,どういうものを思い浮かべますか?日本で一番人気があるというと,やっぱりF1でしょうか.90年代,アイルトン・セナという名前を知らない人はいなかったはずです.ホンダがF1に参戦し,とても強かった時代ですからね.
 しかしながら,僕は車好きでありながら,あまりぐるぐる回るレースが好きにはなりませんでした.とても車が現実的ではなかったからです.

 そういう僕が興味を持ったのは,ある日BSで放送していた車のレース.レースといっても街中を走ったり,雪道を走ったり,森の中を走ったり,砂漠を走ったりするレース.しかも車は市販されている車.そのレースはWRCといわれるカテゴリーのレースでした.市販車の車を改造して走り回るラリーです.

  街中で走っているのと同じ車種の車を改造したものが,道幅いっぱいにドリフトしたりぶっ飛びながら(本当に飛んでいた)走り回る姿は,本当にワクワクしたものでした.丁度90年代というのは,日本の各メーカーが本格的にワークス参戦していたこともあり,世界相手に新しい境地を開いていく感じがしたものです.

 日本のメーカーではトヨタセリカ,スバルレガシー・インプレッサ,三菱ギャラン・ランサー,マツダ323(ファミリア),日産パルサー等がワークス参戦していました.単発的にはサファリラリーでダイハツシャレードやスバルヴィヴィオなんかもワークス体制で走っていました.海外のメーカーでは,これらの日本勢に対して,ランチアデルタやフォードシエラ・エスコートなどが走っていましたね.

 僕が興味を持ち始めた頃は,トヨタがまだまだで,ランチアの牙城を崩すことが出来なかった時代から,カルロス・サインツというドラーバーがドライバーズタイトルを撮りトヨタが世界一を取った頃,スバルがレガシーからインプレッサへと移り,全く勝てなかった頃からコリン・マクレーという車をつぶしながらでも速く走るドライバーが勝てるようになった頃,そして三菱もランサーでがんがんと勝ち始めた頃という,本当に日本車が活躍した時代でした.

 そういった時代を思い起こさせる本を書店で見つけ,思わず買ってしまいました.

RALLY&Classics vol.1 (SAN-EI MOOK)

三栄書房

スコア:



 丁度,夢中になった頃のことがこの1冊にぎっしりとつまっています.
 BSでの番組キャスターだった,小平圭子アネットさんと解説・写真記者の飯島俊之さんのインタビューなど,本当に泣けます.番組は大体そのラリーで勝ったチームの責任者が出てくることが多かったんです.トヨタが勝てば福井敏夫さん,三菱が勝てば木全巌さん,スバルが勝てば久世さん(下の名前を忘れてしまいました).どなたもが,本当にイキイキと画面上でお話をされているところがまたとてもすてきだったんですよね.

 BSを観ることのできない環境へとしばらくいた間に,放送もなくなってしまい,また今や日本のメーカーはどこもWRCから撤退してしまった状態で,ちょっと寂しい限りですが,またいつか観ることが出来ればと思うのです.その頃の番組のビデオテープは宝物です.
[PR]