ハーフサイズフィルムのデジタルデータ化

35mmネガフィルムを現像に出すときに,普通のカメラ(一眼レフやコンパクトカメラ)で撮影したものは,最近現像処理だけをしてもらい,そのままCD−Rに焼き付けてもらうことが多くなりました.というのも,同時プリントの値段が結構かかるところが多くなったということもありますし,同時プリントの品質が悪いということも不満の一つとしてあるのです.ということで,CD-Rに焼き付けてもらった画像を使って,家のプリンターでプリントアウトするということが増えました.

 確かにプリントのコストはかかりますが,それなりの画像が出てきます.下手な写真屋さんよりも好みの発色でプリントすることが出来るので,とても気に入っています.

 ところが,ハーフサイズカメラで撮影したものとなると,CD-Rに焼き付けてくれないみたいで,これは手作業でスキャナを使って取り込むしかなさそうです.長い間スキャナを使っていなかったので,しっかり掃除をしてからでないと,ホコリを読み取ることになってしまい,上手く行かなさそうです.

 ということで,色々とフィルムをスキャンする練習をしていければと思っています.
[PR]
by ryuma75 | 2009-12-08 00:27 | Photo