いよいよ寿命が

 今使っているこのiBookG4ですが,いよいよ寿命が近づいている感じがします.先日から電源が入りにくかったり,勝手に電源が落ちたり.スリープにもなかなか入らず本体に熱がこもったりと,いよいよ終わりが近づいてきているのかなぁという感じです.以前,このiBookを購入するきっかけとなったのも,こういった症状を見ながらデータのバックアップを出来ずじまいで寿命を迎えたコンピュータがあったからで,何とか新しいコンピュータを購入するまでもって欲しいと願うばかりです.

 やはり,ノートパソコンというのは寿命が短いのでしょうか.持ち運びをしたりする分,各部分にもがたが気安いのかもしれません.自分のiBookの場合,Firewire400のコードの抜き差しを多く繰り返したがために,接触が悪くなってきています.そういった症状が出始めたこともあって,自宅の仕事机にデスクトップ機と同じように鎮座している状態になっています.やはり動かしたことで,接触不良から調子が悪くなるのが怖くなってきますしね.

 冷や冷やしながらパソコンを使うというのも,やはり精神衛生上良くない事ではあると思います.ビジネス書の中には「パソコンが新しく出たら,その度に買い換えなさい」ということを書いている人もいるくらいですから.「調子が悪くなることで仕事の効率が悪くなるなら,調子が悪くなる前に買い換えるべきだ」という理由らしいですが.しかしながら,安い給料で仕事をしている身としては,いくらコンピュータが安くなったとはいえ,やはり高い買い物であることには違いありません.

 また,仕事の関係上どうしてもこのパソコンでなければならない必要なソフトなどもあったりするわけで.ということで,このパソコンも簡単に壊れてしまっては困るわけです.ということで,新しくパソコンを購入することが出来た暁には,このパソコンも少し入院してリフレッシュして再利用できればと思っています.
[PR]
by ryuma75 | 2009-11-22 00:40 | Mac & PC