来年用の手帳

 ほんとうに毎年ですが,このブログに来年の手帳をどうしようと言うことを書き続けてきました.これまでに利用した手帳は,野口悠紀雄氏の「超整理手帳」,糸井重里さん考案の「ほぼ日手帳」,コクヨの「デスクプランナー」,そして今年に限っては能率手帳の「ネクサスバーチカル」を使ってきました.

 「超整理手帳」や「ほぼ日手帳」の時は,仕事のデスク用にエクセルで自分で作った仕事スケジュールノート(ルーズリーフを利用したもの)を併用して使っていました.しかしながら,仕事を多く家に持ち帰るようになってからは,このやり方だとどうしても通勤の行き帰りの荷物が大きくなってしまうことから,市販のデスクダイアリーのバーチカルタイプを使うようになったんです.そのタイプについても3年使ってきました.

 さて,来年の手帳についてはどうしようかなぁと考えているのですが,おそらく来年からは仕事の質が変化するために,これまでと違ったものが必要になるような気がします.それも考えて今年の途中から,iCalにチャレンジしてみたり,グーグルカレンダーをさわってみたり,はたまた携帯に内蔵されているスケジュール機能を利用してみたりしています.

 こういった機能を利用せざるを得ない事情は,どんどんと仕事の内容が長期的視野を持って行わなければいけないものが増えてきたこと.数年先,最低2〜3年先を見越してのプロジェクトが必要になるために,普通の手帳ではカバーできなくなったからです.ですので,コンピュータを使ったスケジュールの管理は必須なんです.

 これまでの仕事は仕事で継続的に日々行っていかなければいけないので,これまでバーチカルタイプで行っていたスケジュール管理についても引き続き行う必要があります.この二つの大きな仕事の流れをまとめるための手帳が必要になっています.

 ひとまず,書店などで色々とどんな手帳が良いか一つずつ手にとって観ています.また,今度は大きな文具屋などへ出かけていって,文房具店でしか手に入れることの出来ない手帳についても参考にして,最終的に決めたいなぁと思っています.

お薦めの手帳や,スケジュール管理ツールなどがありましたら,是非教えて頂きたいものです.
[PR]
by ryuma75 | 2009-10-13 22:37 | Mono