おうちで作るぬか漬け

 おつけものをスーパーなど並んでいるのを見ると,食品添加物に化学調味料(アミノ酸)が使われているものばかりだということに気がつきます.たまにはそういったものも良いのですが,出来れば余り食品添加物のはいった食品を取りたくはないもの.ということで,漬物好きの私といたしましては自前で漬物をつくってしまえと思うに至った次第です.

 ということで,ぬか漬けを作るようになりました.

 で,ぬか床作りをと思いスーパーで並んでいるぬか床などを見てみると,これまた添加物がはいっているものが多いんですね.純粋なぬか漬けが食べたいと思っていたところ,嫁さんが野田琺瑯のぬか漬け美人とぬか床セットというのをネットで見つけたので,購入したんです.ぬか床は,無農薬栽培した米のぬかを使って作ったぬか床で,1週間弱ほど野菜の切れ端などで馴染ました後,利用するというものでした.

 このぬか床で漬けた野菜は本当に美味しいんですよ.

 ぬか床を管理するというと「どうも,面倒くさい」というイメージがあるのですが,このほうろうの容器を使ってのぬか床は余り気をつかわずとも管理できるんです.気をつけなければいけないのは,水気と塩加減だけといっても良いでしょう.
 基本は,毎日かき混ぜることなんですが,例えば旅行に出かけたりで毎日かき混ぜることが出来ないなどというときに普通は困るものです.しかしながら,この琺瑯容器ごと冷蔵庫の野菜室に入れておく方法で(ただし塩はしっかりとかけておかなければいけませんが)大丈夫なんです.あとは返ってきた後,しっかりかき混ぜてぬか床の菌を目覚めさせ,野菜を入れて馴染ませていくとすぐに復活します.

 この容器をつかってのぬか漬け作りももう2年以上になります.少しずつぬかを足したり,味に旨味を持たせるために昆布を入れたり,鷹の爪を入れたりしながらではありますが,本当に美味しい漬け物が食べられます.
 今の時期だとキュウリやなすなどが美味しいですが,そういった野菜が旬ではなくなる時期がやってきたならば,大根や人参などを入れて食べることにしています.人参のぬか漬けなどは本当にお茶漬けにすると,旨味が口の中に広がってたまりません.

 ダイエットをするにあたり,野菜を毎日継続して食べるのにも一役買っています.

 お手軽なぬか漬けは如何ですか?
[PR]