こだわりの遊びカメラ

僕は,最近古いカメラを引っ張り出して遊ぶ事が多いです.
なぜかしら,遊びで外出する時はヤシカの二眼レフを持ち出すようになりました.
b0069720_17175021.jpg

ヤシカっていうと,何となく古くさいイメージがあるのは僕だけでしょうか.
僕がまだ小さい頃というのは,今みたいなオートフォーカス,ズームレンズなんてのは
身の回りに見た事がなかったような気がします.
僕の小さい頃の写真は,だいたいヤシカエレクトロ35というカメラを使って
撮ってもらっていました.
(水銀電池アダプターを手に入れたので,今でもそのカメラは現役です)

時代は移り変わり,最近ではデジカメで写真を撮る事が多くなってきましたね.
ものすごく便利な世の中になりました.
でも,そうなってくるとわざと古いカメラを引っ張り出して,それで撮影するというのも
「粋」というようなものではないでしょうか.
誰でも,遊びの中にこだわりのものというものがあると思います.
僕は,遊びの中でのこだわりというと,写真というものになるのです.

僕は元来新しもの好きですから,最新のデジカメなども欲しいものがあったり,
最近新製品の多い新品のマニュアルカメラであるとか,ライカだとか.
そういったものにもものすごく興味が引かれます.
物欲は本当に果てないです.
少々の背伸びであこがれのものに近づけるよう努力するのも有りでしょうが,
ただ,身の丈に合わない遊びは自分を苦しめるだけなのかもしれません.

僕自身は,古いものにも興味は尽きません.
親から引き継いだヤシカエレクトロ35などもそうですし,
最近よく表に引っ張り出すヤシカの二眼レフ(5年ほど前4000円で買った)も
そうですけれどものそのものの魅力というものが,心を揺るがすわけです.
だからといって,それを飾っているだけではこれらのものに対して失礼.
なので,僕はバンバン使って遊びます.

古いカメラって今のカメラと比べると大きくて重いし,
写真を撮るまで手間がものすごく掛かるし,
中判のフィルムなどは交換の時にものすごく気を遣うし,
合理性だけを考えると,本当は使い物にならないのかもしれない.
だけれども古いカメラで撮ると,何となくカメラを確認しながらいじる事によって
自分を確認しているのかもしれない.
そんな気分になってきます.だから好きなのかもしれない.

こだわりってそういうものだと思うのですが,皆さんはどうでしょう?
[PR]
by ryuma75 | 2004-11-24 17:19 | Photo